ヤンウィズ

大学生や新卒など同世代の若者に向けて価値ある情報を発信しています。留学、英会話、社会問題など若者が関心を抱くテーマで書き綴るブログです。

イケダハヤトさんってなぜ批判されるの?個人への批判は消耗しかありません!

f:id:yoshidashuan:20160510183637j:image

こんにちは、ショーン(@s3am0763)です。

ぼくがブログを書くようになってとても滑稽だと思うこと、

それは知らない赤の他人を一生懸命批判している方々の存在(笑)

この人たち、いつも何をしているのでしょうか??

本当に不思議でしょうがないです。

イケダハヤトさんを批判してる人はエネルギー吸い取られてますよ

ぼくが今いる高知には、批判の渦中のそのまたど真ん中にいるような方がいらっしゃいます。

この記事でもテンプレをおかりしているイケダハヤトさん。

この方、批判を自らのエネルギーとでも言わんばかりに生きているような人です。

 

まあイケダハヤトさん自身はそんな批判はどうってことないのでしょうが、批判している方々はぼくからして見れば、逆にエネルギーを吸い取られているように見えます。

 

ツイッター上でのやりとりを見ていて思ったのですが、イケダハヤトさんは精度の低い批判は完全に無視。

逆に面白い切り口の批判に対しては、自分の考えをより強固なものとするため、面白いほど丁寧にリプしています。

ぼくにはこれらの批判が、わざわざイケダハヤトさんの考えをより良いものへとする為にエネルギーを注いでいる様に見えてとても滑稽に見えるのです。

 

そういえば最近イケダハヤトさんも、ご自身への精度の低い批判が増えていることを嘆いていました(笑)

www.ikedahayato.com

批判によって自分の時間を消耗する理由はあるのか?

 実際、人を批判するのはエネルギーと時間を消耗します。

もし仮に、批判をすることが自分自身の快楽となる様な人がいればどうぞご自由に満たして下さい。

 

ただ、一般社会で普通に生きている人でその様なサイコパスな考えをもつ人は数少ないと思います。

では批判によって、時間の対価に得られるものとは何でしょう??

それは自己満足感以外のなにものでもありません。

たとえイケダハヤトさんを論破したところで、自分が得るものなんて何もないということに早く気がつきましょう!

わざわざ他人の批判をしている人は自分の時間を無駄にしてまで、自己満足感を得たいのかなと思えてしまいます。

炎上している人でも、素晴らしい人はたくさんいる

最近イケダハヤトさん本人に会ってお話をする機会がありました。

実際に会ってみての印象は新しいことに目が向く、すごく面白い人!

※内容は下の記事に書いてます。

 

たしかにイケダハヤトさんはネット上での評判はそれほど良くはありません。

しかし会ってみたぼくからすれば、そんなネット上の意見に躍らされていないでイケダハヤトさんの記事を読むなり、ツイートをチェックするなり本人が発信しているものにもっと注目するべきだと思います。

 

今回テンプレをおかりした関係上、イケダハヤトさんへの批判の言及が多くなっていますが、このことは炎上している大半の人に言えることではないでしょうか?

たしかに、東京から高知に移住したり、フリーランスで稼ぐことを決意していたりと、批判される人の多くは、一般社会の人からすれば少し特殊に見える部分があるかもしれません。

ただ、その人を深く知る前から批判しているような人は、緑の野菜だから食べないと駄々をこねる赤ちゃんと一緒ではないでしょうか。

批判とは本来は社会に対してなされるもの

これは完全にぼく個人的な意見ですが、

批判は本来、社会に対してなされるべきだと思います。

なぜなら社会は自分に大きく影響を及ぼすからです。

 

たとえば、自分の働いている会社で社員の半分がフリーランスになることを決意したせいで会社が倒産し、職が無くなったとしましょう。

あなたはだれを責めますか??

フリーランスを始めた同僚を批判してもことは解決しません。

この場合、もっとも合理的な手段は会社が倒産する前にフリーランスというある種の社会を批判して、フリーランスになろうとしている社員を減らすことです。

どうでしょうか、もしここでフリーランスになろうとする個人を責めれば、彼らはますます会社を出たいと考えるとは思いませんか??

 

現在のネット社会では、イケダハヤトさんのような個人を批判する人が増えています。

ただこれは本当に無駄で非合理的な行為です!!

もっと自分の時間を有意義に使うために、個人への批判はほどほどにした方がいいのではないでしょうか。

 

それではこのへんで、ウェッサイ!!

(2016年に書いた過去記事です)