ヤンウィズ

大学生や新卒など同世代の若者に向けて価値ある情報を発信しています。留学、英会話、社会問題など若者が関心を抱くテーマで書き綴るブログです。

世界中の本を読んだ女性が手にした新しい読書の楽しみ方

f:id:yoshidashuan:20160331130314j:plain

こんにちは、ショーンです。

みなさんはよく本を読まれますか?ぼくはけっこうな多読家であると自分では思っています。最近ではデジタル書籍ばかりになってしまっているのですが、毎日の読書はぼくの生活には欠かせません!

昨日、英語の勉強にとTEDを見ていて、世界中の本を一冊ずつ読んでいく女性が自分の読書について話をしているのが目にとまりました。彼女のスピーチがすごく面白く、興味深いものだったのでご紹介したいと思います!

1年で世界中の本を読んだ女性アン・モーガン

f:id:yoshidashuan:20160331103908j:image
彼女はイギリス出身のごく普通の一般人です!
2012年、ロンドン五輪があったこの年に彼女は世界中の本を読みました。
彼女は世界中の本を読むというプロジェクトによって驚くべき学びや、人との素晴らしい繋がりを得ることとなります!
彼女がTEDで語ったことは読書好きのぼくにとってはすごく興味深いことでした!
 

彼女が世界中の本を読んだ理由

f:id:yoshidashuan:20160331104050j:image
なぜ彼女は世界中の本を読もうと決意したのでしょうか?この理由にぼくもすごくハッとさせられました。
理由はシンプルなものでした!彼女の本棚にある本のほとんどがイギリスやアメリカの作家によるものだったことです。
 
確かにぼくも日本人作家の本はよく読みますが、海外の作家の翻訳書を読むことは少ない気がします。
これって意外ともったいないですよね。海外にもいい作家はたくさんいるにもかかわらず、自分の国の作家の本ばかりを読む。これでは読書による素晴らしい本との出会いが半減してしまうのではないでしょうか?
 
彼女は自分の本棚から読書に潜む文化的盲点に気づき、世界中の本を読みはじめました。
 

彼女が世界中の本を手に入れた方法

f:id:yoshidashuan:20160331131654j:plain

世界には国連に認められた国が195カ国あります。彼女はそこに台湾を含めた196カ国の本を読むことを決意します!
こうなると大変になるのがすべての国から英語に翻訳された本をあつめることです!
事実、イギリスでは毎年約4.5%しか翻訳書が出版されていません。また出版される本も先進国のものに偏っています。単純に書店にたちより、毎日違う国の本を一冊購入して読むだけでは世界中の本を読むことはできないのです。
 
そんな中、彼女の1番の悩みはどこの国の本から読み始めるかでした。そこで彼女はSNSを使いプロジェクトの告知と共に、世界の他地域の本のどれを読んだらいいか意見をお願いする文を投稿しました。
するとその4日後にマレーシアの女性から自分の国の本を選んで送るという連絡が来ました。そしてこの後、パナマ、アンゴラ、トルクメニスタンなど世界各国から本が彼女の下に送られてくるようになります。こうして彼女は遠く外国の見知らぬ協力者たちに支えられプロジェクト続けていきました。
 

英語での翻訳書がない国の本…

f:id:yoshidashuan:20160331141618g:plain

世界中の本を読んでいく中で英語で翻訳されている本のない国もあったみたいです。サントメ・プリンシペというポルトガル語圏のアフリカの小さな国では英語に翻訳されているほんがありませんでした。

彼女はTwitterやFacebookでこのことを投稿します。

彼女にとっての唯一の方法は彼女のために一から翻訳してくれる人を探すことでした。

そしてまたしても彼女のために本を翻訳してくれる支援者が出てきます。その投稿から6週間後、彼女の下にサントメ・プリンシペの本が翻訳されて届いていました。

彼女は言います。

 

インターネットのおかげで 知らない者同士が 地球の反対側にいて 決して会うことはなくとも 物語や世界観や本といったものを 簡単に分かち合える時代です。          「http://goo.gl/L2kCv7」より翻訳引用

 

世界中の本を読んでいて彼女が気づいたこと

世界の知らない国がより身近に!

 

本を読んでいくにつれ、何かが起こってきました。その年に私がリストアップしたたくさんの国々が、だんだんと学術的な名前だけの存在から、息づかいを感じるような土地へと変わっていったのです。

                「http://goo.gl/L2kCv7」より翻訳引用

 自分の弱点が強みにもなる!

 

 世界の本を読む1年で たびたび発見したことですが ここでも 私の無知と 自分の限界を明け透けにすることが大きな機会につながりました。サントペ・プリンシペの件で言えば、それは新しいことを学び 新しい物語のコレクションを 発見する機会だっただけでなく、一群の人々を集め 共同での創造的挑戦へと向かう機会でもありました。私の弱点がこのプロジェクトでは強みになったのです。    「http://goo.gl/L2kCv7」より翻訳引用

 

 彼女のスピーチから感じたもの

このスピーチをみていてぼくも世界の本を読んでいこうと決めました。そして本の可能性の大きさに気づかされました。

パナマ、アンゴラ、トルクメニスタン、名前をあげただけではどの様な国かわからないところでも、本を読むだけでその地を感じることが出来ます!ぼくは本当に狭い範囲でしか読書を楽しめていなかったのです。

 

最後に彼女はこう語りました。

 

より多くの人が世界の本を読む活動に加わってくれたらと思います。もし私たち皆がもっと幅広く本を読んだら、出版社は もっと翻訳出版しようと 考えるようになり、それによって皆もっと豊かになれるでしょう。

                「http://goo.gl/L2kCv7」より翻訳引用

 ぼくもこの活動に加わわるひとりとなれるように世界中の本を読んでいこうと思います。

 

それでは、アディオス!

goo.gl