ヤンウィズ

大学生や新卒など同世代の若者に向けて価値ある情報を発信しています。留学、英会話、社会問題など若者が関心を抱くテーマで書き綴るブログです。

世界平和を実現するには?広島で取材してわかったこと。(動画有り)

f:id:yoshidashuan:20160603174324j:image

こんにちは、ショーン(@s3am0763)です。(2016年に書いた記事です)

2016年5月27日(金)にアメリカの現職大統領バラク・オバマ氏が広島の平和公園でスピーチされたニュースはみなさんの記憶に新しいことでしょう。

 

このニュースがあった次の日からぼくは広島市内で取材活動を始めました。

今回は3日間の取材からわかったことをここに書きます。

そこには日本人として、原子爆弾が落とされた唯一の国に住む人として、平和とは何かを学ぶためのヒントがたくさんありました。

この記事が皆さんが平和について考えるきっかけを作ることができれば幸いです。

※こちらはオバマ大統領の広島演説動画なのでまだの方は是非ご覧ください

オバマ大統領の訪問、広島の人たちはどう受け取ったのだろうか?

 今回のオバマ大統領の広島訪問には2つの大きなポイントがありました。

1つ目は戦後、アメリカの現職大統領として初めて広島の地を踏んだこと。

2つ目はスピーチの中で原子爆弾を落としたことへの謝罪があるのかということ。

 

ぼくはこの2点に絞って平和公園に来ていた100人にインタビューしてみました。

 

1.オバマ大統領が広島に来たことをどう思いますか?

f:id:yoshidashuan:20160606233544j:image 

ほとんどの方はオバマ大統領の広島訪問に対して好印象を持っていました。

となると、その他ってなんだとなりますよね!?

 

その他に入れられた方の意見で多かったものがこちらです。

  • 長崎や沖縄にも来てもらいたかった。(7人)

  • 政治利用されているように感じた。(4人)

  • 核兵器を廃絶してからもう一度来てほしい(4人)

 

2.被爆者に対する謝罪は必要であったか?

 f:id:yoshidashuan:20160607004144j:image

 半数以上の方が謝罪をして欲しかったと言っていました。

ただ、インタビューした方の多くは県外から来られている観光客で、広島で生まれた方はむしろ来てくれただけでいいと言っていたのがぼくにはすごく印象的です。

 

平和公園のボランティアガイドの方に話を聞いてみました

f:id:yoshidashuan:20160607003515j:image

こちらは平和記念公園のボランティアガイドの座間味さん。

中学生のガイドを終えられた直後の座間味さんにお話を聞きました。

 

f:id:yoshidashuan:20160607172440j:plainすみませ~ん!今何をされていたのですか??

 

f:id:yoshidashuan:20160607172157j:imageこんにちは!平和学習の一環でここを訪れた中学生のガイドをしていました。

 

f:id:yoshidashuan:20160607172440j:plain すこしお時間ありますか??もしよければインタビューさせてください。

 

f:id:yoshidashuan:20160607172157j:image 大丈夫ですよ!!

 

f:id:yoshidashuan:20160607172440j:plain ありがとうございます!!!

 

 f:id:yoshidashuan:20160607194744j:image

何気なく声をかけさせていただいた座間味さん。

なんと…新聞にも取り上げられるほど有名なガイドさんでした!!

 

f:id:yoshidashuan:20160607172440j:plain オバマ大統領のスピーチどう思いましたか?

 

f:id:yoshidashuan:20160607172157j:image とても素晴らしいものでしたよ。

 

f:id:yoshidashuan:20160607172440j:plain 被爆者に対する謝罪が無かったことをどう思いますか?

 

f:id:yoshidashuan:20160607172157j:image 多くの方が謝罪が無いと言われていますが、広島の方はあまり謝罪を求めている人は少ないと思います。私もそうです!

 

座間味さんとのお話の中でぼくの心に残っているものがあります。

平和公園内にある「平和の灯」についてみなさんは知っていますか?

コレ↓↓

f:id:yoshidashuan:20160607224714j:image

この火は世界から核兵器がなくなった時に消すという決意のもとに燃やし続けられているものです。

座間味さんはこの火が消える日がくることを信じて活動していると語っていました。

過去のあやまちや謝罪にとらわれず、未来の平和にむけて1人1人が考えていくことが大切なのですね。

 

被爆体験をされた箕牧智之さんとの対談

f:id:yoshidashuan:20160607003837j:image

次にぼくが訪れた場所は広島平和会館。

ここは広島県原爆被害者団体協議会の事務所として使われており、団体の理事には当日オバマ大統領とお話されていた坪井さんがいらっしゃる場所です。

 

f:id:yoshidashuan:20160607003525j:plain

副理事長であり、ご自身も被爆された箕牧さんにお話をうかがうことができました。 

 

f:id:yoshidashuan:20160608085704j:imageはじめまして、広島で取材活動をしている吉田珠晏です。

この団体ではどの様な活動を行っているのですか??

 

f:id:yoshidashuan:20160608085756j:imageはじめまして。

おこなっている活動は主に証言活動です。また、核実験が行われた際は平和公園で座りこみなどの抗議活動も行います。

 

f:id:yoshidashuan:20160608085704j:image ふむふむ、なるほど。

今回のオバマ大統領の広島訪問をどう感じましたか?

 

f:id:yoshidashuan:20160608085756j:image オバマさんが広島を訪れたことは核兵器廃絶の大きな一歩だと感じています。

 

f:id:yoshidashuan:20160608085704j:image なるほど…スピーチの内容はどうでしょうか??

 

f:id:yoshidashuan:20160608085756j:image 私どもはマスコミの方がおっしゃるほど謝罪は求めていないんですよ。どちらかというと、その山を乗り越えて核兵器の廃絶というものを約束してほしいと思っていました。

 

f:id:yoshidashuan:20160608085704j:image 現地でリポーターをされていたようですが、どう感じましたか??

 

f:id:yoshidashuan:20160608085756j:image うーん、もうすこしはっきりと明言してほしかったですね。昔話からはじまったのには少し拍子抜けでした。

 

f:id:yoshidashuan:20160608085704j:image たしかに、明言に関しては避けていたようにぼくも感じました。

今の若者に何か伝えたいことはありますか??

 

f:id:yoshidashuan:20160608085756j:image 日本が原爆を落とされた唯一の国であることを忘れずに、平和について、核兵器廃絶について何ができるのか1人1人が考えてほしいです。

 

別れ際に箕牧さんから一言。

いくら原子爆弾を落とされたからといってアメリカを恨んではいけません。日本がハワイの真珠湾で戦争を吹っ掛けたのだから…

 

たしかにアメリカに謝罪をしろという割には、真珠湾で謝罪した日本人の首相はいません。

もしかするとぼくたちはすごく筋の通ってないことを言っているのかもしれませんね。

 

原爆資料館での外国人の姿が素晴らしかった

f:id:yoshidashuan:20160607003807j:image

原爆資料館に入った際にすごく印象的だったことがありました。

それは外国人の観光客が日本人のぼくよりも真剣な表情をして展示物を見ていたこと。

正直ここまで真剣に歴史を知ろうとする姿勢には感動しました。

 

また、オバマ大統領は原爆資料館の芳名録に「平和を広め核兵器のない世界を追求する勇気を持ちましょう」メッセージをのこしています。

今回オバマ大統領は立場上ゆっくりと資料館を見ることができなかったようですが、オバマ大統領自身は外国人観光客の方々と同じく真剣な気持ちで広島を訪れたのではないでしょうか。

 

世界平和のためにできること

平和公園でインタビュー活動を行っていた際に会った同い年のフランス人の学生がこのようなことを言ってました。

オバマ大統領の広島訪問は世界平和へのファーストステップだよ!

なるほど、彼はそんな風にみているのか…

ぼくはオバマ大統領が広島を訪れることが日本人にどの様な影響を与えているのかにばかり着目していました。

しかし今回の取材で、世界中でもこの訪問が大きなターニングポイントになっているのだと感じ、世界が平和にむけて舵をきる時がきているのだと思うようになっています。

 

ぼくがこの記事で伝えたいことは、多くの日本人にもっと世界平和について考えてほしいということ。

今の日本人は完全に平和ボケして、他国で起こっているテロや戦争に無関心すぎます。

なぜならぼくらは日本に住んでいる限り、自分の安全が保障されているから。

 

実際、世界平和と聞いてもぴんとこないのが普通でしょう。

ただ、昨今おこっているテロ、イスラム圏での戦争、これらは71年前の戦争となにが違うと言えるでしょうか。

私たちは71年前の戦争から何を学んだのでしょうか。

現在、日本人は平和とは何かを世界に伝える役割を担っているとぼくは強く感じます。

 

アインシュタインが日本を訪れた際におっしゃられた言葉です。

 

人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。
この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた、最も古くまた尊い家柄ではなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
吾々は神に感謝する、吾々に日本という尊い国を、作って置いてくれたことを。

引用:アインシュタインの予言 - Wikipedia

 

今まさにオバマ大統領の広島訪問によって世界平和へ向かってきられかけている舵、次は世界で最も平和な国に住むぼくらが握る必要があるのではないでしょうか。

 

それではこのあたりで、アディオス。

 

www.shuanblog.com