ヤンウィズ

大学生や新卒など同世代の若者に向けて価値ある情報を発信しています。留学、英会話、社会問題など若者が関心を抱くテーマで書き綴るブログです。

アメリカ人女性を日本人は絶対に彼女にできないと感じた日

f:id:yoshidashuan:20160926210658j:image

こんにちは、ショーンです。

現在バーバンクというLAの北にある街で野宿してます…マック改装中で空いてなかった。アメリカの夜ってこんなにも怖いんですね。

常にまわりに気を配りつつブログ書いてます笑

まぁタイトルに「絶対」なんて書いてますが、付き合っちゃいけないという意味ではないので、アメリカ人女性をカモーンな日本人には参考にならないかもしれない…

なので今回は、ぼくを含めた多くの日本人男性は彼女たちと付き合うことがどれほど大変なのかお伝えします。

アメリカ人女性ブサイク説

f:id:yoshidashuan:20160926205810j:image

は〜…いきなりぶっ飛んだ見出しいってしまいました。

でもこれはアメリカきたらわかります。

みなさん、ハリウッド女優の方みたいな人がアメリカにいると思ったら大間違いですよ!

まぁ正しくはアメリカ人にって感じでしょうか。

日本人好みのとても綺麗なハリウッド女優のほとんどが移民系の方々です。

正確にはもとからのアメリカ人ではない!!

 

アメリカ人の女性は基本的に太いです!

たまにいる、「なんでこんなに足太いのに世界のスーパースターみたいな扱いされてるの?」って方々がアメリカ人女優ですよ!

まじで騙されてはいけません。

食べる量はほぼ日本人と変わらないのですが、彼女たちは摂取カロリーが高すぎる…

サラダなんて食べたりしませんから。

基本的にジャンクフードが大好きで、チョコレートなどのお菓子もあり得ないぐらい食べます。

ぼくがあれだけの塩分を摂取したらよゆーで吐きますね…

 

太っているせいか、顔もむくんでますわ…

外国人っていったらほりがふかくて、鼻が高いぱっちり二重がいいと思いませんか。

全然ですわ…むしろかろうじで二重なくらいであとの要素を持ち合わせている人なんてアメリカ人女性に少ないです…

 

「中身が大事なんじゃないかな?」なんて日本人はすぐに論破!

ぼくも最初はそう思ってたんです!!

だから昨日がくるまでは日本人のぼくもチビだし、カッコいいわけではないからって考えてました。

そんでアメリカの女性とランチデートしにいったんですよ…

ちなみにぼくには彼女がいるので、デートと言っても日本のデートとは少し意味合い違います。まあ気軽な女友達とランチと言ったとこです。

そこでの彼女の行動と言動で、ぼくはアメリカ人女性に絶望してしまいました。

 

まずさっきも言った通り食べる量がハンパじゃない…

ぼくの残したプレートのお肉を食べていいと聞かれて幻滅です。

この子めっちゃ食い意地張ってるわ…

確かにまわりの女性を見ていても、男の人以上に食べている人が多数いました。

 

そして店員に対する態度がちょっと…

この国にはマナーってものがないのか?

そう思えるほどすぐに怒ります。

本当に10分食べ物が来なかっただけで、感情的になる様は見ていて笑えてきました。

そんなに食べ物に必死にならなくても✋笑

食べ物に限ったことだけではありません。

 

食べてる最中にめっちゃ声デカイですし、食べ物をこぼしても大声で笑いだす始末。

彼女らとご飯に行くときは、レストランでなくジャンクフードの店にしようと決意しました。

色んな要素で一緒にいるこっちが恥ずかしくなってきます…

 

アメリカ人女性が彼氏にするタイプの男性

アメリカ人の女性に聞いたら、彼氏にしたいタイプの男性は一般的な日本人男性とはかけ離れた人でした。

アメリカ人女性のタイプはとてもわかりやすいです。

・筋肉がある人

・お金を持っている人

・包容力や余裕のある人

彼女が言っていたタイプの男性は、この3つでした。

また、彼女はアメリカ人女性の多くが筋肉がある人が好きなのかもと言っています。

 

ちょうどいい筋肉、これがないと恋愛対象に入らないと言い切っていたので、結構ガチでしょう。ちなみにぼくは論外だそうです。

アメリカ人女性を彼女にしようと思う方は、まず筋トレから始めてください。

ただ、ゴリマッチョになることはやめましょう。何事もバランスが大事です。

 

アメリカ人のカップルいちゃつきすぎてひく…

f:id:yoshidashuan:20160926210018j:image

まあお国柄と言ってしまえばそれまでなのですが、あいにくアメリカ人に恥じらいという感覚は持ち合わせてないようです。

ぼくの座っているベンチの横で、昼間から熱いキスが始まったかと思うと、反対側のカップルまでもライバル視するかのようにキスの応酬。

ぼくを挟んでそんなことしないで下さい…

気まずくなって、惨めなぼくは休憩中の公園からそそくさと退散です。

 

日本人男性のほとんどは、大衆面前でそーいうことをするのを嫌うのではないでしょうか。

でも彼女たちは求めてきますよ!!

どっちかというと女性の方が積極的に。

まぁぼくなら付き合うなんて微塵も考えられないですね。

 

最後に…

色々言ってきましたが、ぼくは個人的にアメリカ人女性が嫌いなわけではありません。

むしろ友達としてなら、お洒落なお店やショップは別としても、楽しい関係でいられると思います。

 

ただし!!

彼女にだけは絶対にできません!!

太っているのも、明らかに不徹底なカロリーコントロールのせいですし、態度もせめてお国柄で許されるシュチュエーションとそうでないシュチュエーションを使い分けてほしい。

あと、単純に人前でいちゃつくのは無理です!

これぼくだけでしょうか??

絶対に多くの日本人男性は嫌だと思いますよ。

 

ハリウッド女優のようなアメリカ人と付き合おうと夢見る日本男児はよーく考えてみてくれ!

俺らジャップのことをハリウッド女優級のアメリカ人女性が相手にしてくれると思うか?

あいつらは金持ちか、欧米の王子様の様なイケメンか、筋肉ゴリマッチョしか相手にしないぜ。

ここは冷静になって、可愛らしい日本人女性を選ぶべきだという考えが、昨日を境に確信に変わりました。

 

 

では、ウェッサイ!!

(この記事はアメリカ留学していた2016年9月に書いたものです)