ヤンウィズ

大学生や新卒など同世代の若者に向けて価値ある情報を発信しています。留学、英会話、社会問題など若者が関心を抱くテーマで書き綴るブログです。

日本初スタートアップビザを福岡で取得した外国人カップルの会社ikkaiとは?

f:id:yoshidashuan:20160816234152j:plain

こんにちは、ショーンです!

今回は日本で初めてスタートアップビザを取得したフランス人カップルの会社に取材をしに行きました。

彼らはビザを取得後、すでに会社ikkaiを設立して福岡で活動中。

この記事で、フランス人の作る新しい形の会社ikkaiとスタートアップビザについて詳しく説明していきたいと思います。

スタートアップビザとは

スタートアップビザとは福岡市で始まった外国人による日本での起業を手助けするビザです。

このビザは去年、内閣総理大臣により認定され少しずつ認知されるようになってきました。

 

外国人が日本で創業するためには、「経営・管理」の在留資格を取得する必要があります。
在留資格を取得するためには、事務所の開設に加え、常勤2名以上の雇用または500万円以上の国内での投資などといった要件があり、外国人にとって高いハードルとなっています。
スタートアップビザでは、要件が整っていなくても、事業計画等を福岡市に提出し、要件を満たす見込みがあるなど、福岡市から確認を受けることで、半年間の在留資格(経営・管理)が認められます。

要件はその半年間で整えればよくなります。
また、福岡市では、外国人が半年後に要件を満たして在留資格を更新できるように、スタートアップカフェを中心に独自の支援を行っていきます。

 

半年間で起業準備をする。

中々大変ですが、このビザのおかげで外国人による日本での起業のハードルは少し下がったと言えます。

 

日本初スタートアップビザ取得した会社、ikkaiってどんなとこ?

f:id:yoshidashuan:20160816125511j:image

このスタートアップビザを日本で初めて取得した会社が、福岡にあります。

その名はikkai!!

留学で福岡に来ていたフランス人カップルによって作られたこの会社ikkaiは、個人や企業の方から頂いた1回限りのお仕事を学生さんとマッチングするプラットホーム提供しているIT企業です。

忙しいときなどに大学生などに仕事を頼めるWebサイトを運営しており、依頼されている仕事はとてもユニークでした。

f:id:yoshidashuan:20160816125330j:image

ポケモンGOのタマゴを温めるバイトww

これでお金貰えるなんて最高ですね!!

こういったユニークな仕事依頼があるのもこの会社の特徴です。

 

ikkaiで働く人の思い

フランス人カップルの思い 

直接取材をして彼らの思いを聞いてきました。彼らはシェアリングエコノミーを日本に普及させることを目的として事業を起こしたそうです。

 

シェアリングエコノミーとは?
シェアリングエコノミー」とは欧米を中心に拡がりつつある新しい概念で、ソーシャルメディアの発達により可能になったモノ、お金、サービス等の交換・共有により成り立つ経済のしくみのことを指します。
出典 ソーシャルメディアにより広がる「シェアリング・エコノミー(共有型経済)」の大きな可能性

シェアリングエコノミーについてはイケハヤさんが記事で言及しているので参考にしてください。

「シェアリング・エコノミー」へようこそ : まだ仮想通貨持ってないの?

この考えはお互いを尊重し、信頼することのできる日本人にとても合っていると彼らは語っていました。

 

また、海外における起業の価値観をもった自分たちが日本で会社を持つことで、エンジェル投資家や女性の起業家を増やすきっかけを作ることができるとも考えているようです。

 

ikkaiで働く日本人スタッフの思い

 

6月からikkaiのフルタイム従業員として働いていますが、素晴らしい会社に入社することができ、とても幸せです。
固定概念にとらわれない共同代表の考え方の上で働くことができるのは、とても刺激的で、とても楽しいです。
特にikkaiは小さなチームだからこそ、他の企業に負けないスピードで、かつ大きな結果を出す必要があり、そのときに固定概念から逸脱した新しいやり方を考えていく必要があります。
日本の企業では「何を考えているんだ?」と言われるかもしれないようなことも、面白い、と受け入れてもらえる環境は、
チーム全員の士気も向上し、それぞれが秘める可能性を開花させてくれるチャンスだと感じます。
また、友達のような関係でお互いにコミュニケーションを取ることができるのも大きな魅力です。
友達のように、何でも言える関係だけれども、しっかりと「」をも大切にしてくれる関係を代表の2人は作ってくれています。
このように働きやすいような環境をお互いに構築しようとするikkaiでの仕事は、毎日が刺激的で、とても楽しく、私の理想とする労働環境だと思います。
ikkaiは日本のシェアリング・エコノミーの発展において、Uber や Airbnb に負けないような日本をリードしていく大きな存在となっていくつもりです。
その中で私が最初の社員として、サービスの発展への貢献だけでなく、これから将来の企業としての礎を築いていきたいと考えています。

古屋 徹秀さん

 

 

ふたりがこのビジネスを立ち上げた理由の大きな一つとして、シェアリングエコノミーを日本に普及させることによって人々の生活をより豊かにしたいというものがあります。

残業することが珍しくない日本人、やらなければならないことばかりに追われて、自分の本当にしたいことが埋もれていってしまっている、そのようなことも少なくないと思います。

我々が対象にしている学生も、本来なら時間が十分にあるはずなのに、いろいろな予定をこなすためには経済的にも問題が出てきてしまう、それを解決するためには必然的にアルバイトに費やす時間が増えてしまい、結果として色んなことをあきらめざるを得なくなっている。

すべての人がが少しでも自分の時間を持てるように、みんなの生活がより豊かになるように、このビジネスにはそのような二人の願いも込められているからこそ、今全力で取り組めているのだと思います。

上竹沙也加さん

 

スラッシュアジアにも参加 

f:id:yoshidashuan:20160816234246j:plain

Slush Asiaとは夢を掴もうとする国内外の才能あふれる若き人材と世界的な起業家、投資家、エグゼクティブ、企業、ジャーナリストをつなげ、スタートアップの土壌を育むグローバルコミュニティを創ることを目的とした最大級のスタートアップイベントです。

今年は5月13〜14日に開催され、4,000人が幕張メッセが集いました。

 

ここにikkaiもイベントブースを作って参加。

これほどのイベントに参加することで、知名度と、投資家の人脈を得られたそうです。

 

スタートアップビザ取得はまだ彼らのスタート地点

2人の挑戦はまだ始まったばかり。

ただ、日本初のスタートアップビザを獲得し、スラッシュアジアでブースを設けることで着実にikkaiの知名度は上がっています。

彼らは福岡を中心として、将来的には東京、韓国、シンガポールなど、どんどんとシェアリングエコノミーの輪を広げていくでしょう。

フランス人カップルの挑戦から目が離せません!

興味のある方はぜひ下のURLからikkaiのFacebookページをご覧下さい。

www.facebook.com

それでは、ウェッサイ!!