ヤンウィズ

大学生や新卒など同世代の若者に向けて価値ある情報を発信しています。留学、英会話、社会問題など若者が関心を抱くテーマで書き綴るブログです。

英語ができない日本人の根本的原因は想像力の欠如にある⁉︎

f:id:yoshidashuan:20170719210546p:image

こんにちは、ショーンです。

世界で日本人は英語ができない民族とされているのは周知の事実だと思います。

ぼくはアメリカ留学していた当時、アメリカに住む多くの外国人(フィリピン人や中南米の人)と会話をしてきましたが、発音レベルや語彙力には優劣あるにしても、とにかく会話が弾んで、英語ができる雰囲気をまとっていました。

ここで言う雰囲気とは、自分が英語ができないなんて微塵も思っていないような感覚です。

 

しかし、日本に帰ってくると英語ができないで悩んでいる人がたくさんいます。

学力は日本人の方があると思うのですが、何故これほどまでに差があるのか考えましたので、参考程度に読んでみてください。

なぜ日本人は英語ができない? 

f:id:yoshidashuan:20170720193351p:image

ぼくは自分やアメリカに住む外国人が英語を話せたり、書けたりするのに周りの日本人でぼくよりも学力のある人が英語ができないと悩んでいるのか興味を持ちました。

よく言われていることが、

・日本人は恥ずかしがり屋で間違うことを恐れているからいつまでたっても英語ができない!

・経験が乏しいので自信を持ってはなせない! 

もちろんこの様な意見も正しいです。

 

しかし、英語ができない理由の根底に「恥ずかしさ」や「自信のなさ」といった感情的な問題があるとは、ぼくには思えませんでした。

そしてぼくが辿り着いた結論は、日本人が英語ができないことの根底には「想像力の欠如」があるということ。

実は、普段日本語を話している時に使っているような想像力を駆使すれば、中学校で学んだ英語のスキルだけで英会話や英語の文章を読むことは可能です。

しかし、英語のできないと言っている人の多くが想像力をうまく使えていませんでした。

 

日本人が英語を話す時の失敗例

日本人の英会話に着目してみましょう。

英語ができない人の多くは、英会話の際に相手の話していることを完璧に理解しようとして、話者が発する単語や文法のつながりばかりを意識して話を聞いています。

しかし、いざ返答しようとしても自分の言葉が追いつかずにグダグダ。

これが英語ができない日本人によくある英会話での失敗例です。

 

ここでの問題点は、相手の発する英語の音に100%の集中力を割いてしまい、相手の思惑や考えを汲み取ろうとしていない点でしょう。

相手が何をしたいのか?何を伝えたいのかが分からなければ、英語の音を拾うことができたとしても理解して自分の言葉を返すのには時間がかかってしまいます。

会話において、言語とはただの伝達手段。

言い換えると、英語や日本語というのは決まったルールで並ぶ音であり、大事なことはその音から相手が何を伝えようとしてきているのかを理解することです。

 

3つのキーワードとその状況から容易く想像はできる

例えば、話し始める前に状況や相手の格好から何を伝えようとしている人なのかを推測することはできますし、相手の口調や顔つきからも相手の感情は読み取れるでしょう。

このように、ある程度のヒントがあれば相手の伝えたいことは想像することが可能です。

 

また、1文に3つほどキーワードを聞き取れるなら、相手の言いたいことを理解できるようにぼく自身は感じています。

「The city of Seattle is very beautiful. Seattle has the first store in the famous Starbucks .」

この文章は、「シアトルの町並みは綺麗だ。シアトルにはスターバックスの1号店がある」という意味の2文です。

「city」「Seattle」「beautiful」「first」「famous」「Starbucks」2文なので6単語ですが、これだけわかっていれば、なんとなく想像できますよね?

あーなんかシアトルは綺麗な街で、最初のスタバがあるんだくらいわかっていれば大丈夫!

あとは、中学レベルの英語で、「I see. Seattle is a nice place!!」「なるほど、シアトルはいいところだね!」という風に返せば話は続きます。

 

どうでしょうか?英語ができないという人でも、3つのキーワードと想像力を使えば英語を理解できると思いませんか。

 

英語も日本語も伝達という役割は一緒 

ぼくは基本的に英語を話したり、英語の本を読んだりする時に、そこに存在する他者の思いを想像しながらながら取り組んでいます。

これは、相手が何を話したいのか?この本では何を伝えようとしているのか?など考えながら取り組むということ。

しかし、どうやら英語ができない人は、相手の話を聞くこと(リスニング)や、文字の意味を理解することに集中しすぎて、想像することを忘れているのです。

 

これでは、人間の脳に備わっている想像力という飛び道具をフル活用できません。

そもそも、日本語を話す時に相手の話を注意深く聞いていますか?という話なのです。

そんなことよりも先に、何が言いたいかを無意識に予測して自分の話すことを整理していますよね。

英語ができないという日本人の多くは、言語伝達における想像力という優れた能力を使うことを忘れているのです。

 

言語伝達には想像力が不可欠

実際、言語伝達とは想像の伝達とも言い換えることができます。

言語の先には必ず他者の想像があり、言語とはそれを伝達するためのツールに過ぎません。

ここで、言語伝達に想像力が不可欠だと言うことを証明する2つの例を紹介します。

 

会話における言語伝達の仕組

まず、会話における想像力とはどういった形で使われているのかを簡単にイラストにまとめてみました。

f:id:yoshidashuan:20170720063425j:image

❶女性が話したいことを想像し、言葉を選びながら会話がスタート。

❷女性が言語伝達すると同時に、男性は相手の話の内容を推測し始める。

❸男性は相手の考えを汲み取り、それに合わせた会話をする。

あとは❷❸を男女の関係が入れ替わりながら続けることが会話における言語伝達の仕組です。

 

図を見てわかるように、お互いが想像しているものを理解し合うための仕組として言語での伝達が使われています。

つまり、相手の想像していることを100%汲み取る力さえあれば、言語による伝達は必要ないのです。

残念ながら現代においては言語を超えるツールは出てきておりません。

今後、テレパシーなどの研究が進めば何かしらのツールが出てくるかもしれませんが、今のところ、会話による言語伝達の仕組の中で、ぼくたちは他者が想像したものを理解しているのです。

よって、言語伝達はツールであり、必ずそこには想像が介在していることがわかるでしょう。

 

書物における言語伝達の仕組

また書物における言語伝達の仕組の中にも、想像力が不可欠とわかるシーンがあります。

f:id:yoshidashuan:20170720110251j:image

❶筆者が自分の考えを想像の中でまとめていく。

❷考えをまとめて書物に記す。

❸時代や場所が変わり、読者は筆者の記した本を読む。

❹読者は筆者の考えに思いを巡らせる。

その場で行われる会話とは違い、書物は時代や場所を超えるための言語伝達であり、その場にいない人の考えや意見を読者が想像するという高度な仕組になってきます。

そのため先ほどの会話のように、受け手が入れ替わることはありません。

しかし、ここでも言語伝達において想像力が必要なことがわかります。

 

 

これらのことから何が言いたいかというと、言語というものは想像の後付けや、想像を掻き立てるきっかけに過ぎないということ。

つまり、言語伝達において想像性とは、言語理解よりも素早く相手の意図を汲み取ることのできる力だということです。

 

想像力とは言語伝達には不可欠な要素であると同時に、言語伝達におけるスピード感を爆速させる飛び道具であるということを理解してください。

 

あなたは日本語を話すとき相手の話を何%聞いていますか? 

あなたは日本語を話すときに何%ぐらい相手の話を聞いているでしょうか?

単純な日常会話であれば、おそらく30%聞いていれば良い方でしょう。

その他の70%は、自分勝手な想像力によって補われていると思います。

 

しかし、日本人の英語における集中力は異常…

日常会話でも相手の言っていることを1から100まで聞き取ろうとして、結局会話にスピード感のズレが生じさせてしまいます。

普段日本語を話すときは、相手の言葉を30%ぐらいしか聞かずに後は想像しているのに、なぜわざわざ100%聞き取ろうとするのでしょうか?

 

100%と聞き取る、読み取ると言うことと、100%理解すると言うことは全くもって訳が違います。前者はただ音や文字をインプットしているだけ、後者は相手の想像したことを全て自分の脳で汲み取っている状態です。

もちろん、後者が再現される可能性は言語伝達を使っているうちは不可能だと言えるでしょう。

しかし、前者の様に100%聞き取る、読み取るをしただけでは、相手の想像したことは1%も理解することはできません。

そこにはインプットした内容を、自分の想像力と紐付ける作業が必要になってきます。

 

この紐付けるタイミングが日本人は究極的に遅いのです。これが英語ができないと言うことの根源だとぼくは思います。

 

言語とはツールであり言語そのものに価値はない 

言語とはただのツールです。

日本でもアメリカでもアフリカでも、言語の先にある目的は変わりません。

自分と他者の間にある、想像の溝を埋めることが言語の役割なのです。

相手の考えていることが理解できたら、言語の役割は終了するので、極端に言えばボディーランゲージも言語だとぼくは思っています。

 

日本人は英語を勉強しなきゃ、英語のテストで良い点を取らなきゃ、といった英語に対するバイアスがかかりすぎているのではないでしょうか。

英語もスワヒリ語やボディーランゲージと同じく、ただの伝達手段の1つに変わりはありません。

何か価値のある特別なものと思って取り組むのはやめて、もっと効率的にツールとして使った方がいいのです。

 

そもそも英語ができないとは思い込みに他ならない

f:id:yoshidashuan:20170805203048p:image

英語ができないという現象は思い込みに他なりません。

言い切るのは良くないので正すと、ぼくは思い込みだと思っています。

 

「いやいや、俺は英語なんてもの勉強したことがないよ…」

なんて言っている方もいますが、どの基準を用いて英語ができないと言っているのでしょうか?

TOEICですか?英検ですか?

英語ができる、できないの基準はすごく曖昧であり、ある基準の中ではできなくとも、他の基準に当てはめればできる様になる人は大勢います。

 

例えば、どれだけTOEICで高い点数を取ることができても、英語を話すことが苦手な人はいますし、逆にペーパーのテストでは英語ができない人でも、中学レベルの英語を駆使して外国人とベラベラ喋ることのできる人もいるのです。

 

この様に、英語ができないとは、ある基準の中では英語ができないということであり、英語ができないということを全ての可能性においてあてはめることができるとは限りません。

だから最初から英語ができない、苦手と言っている人には、「じゃあ君は日本語も苦手なんだ!笑」と言ってやりたくなります。

日本語を話せる人は絶対に英語も理解し、話せる様になる!なぜなら、ツールとしての目的や使い方は何ら英語と遜色ないからです。

 

英語ができるためには想像力×経験

最後まで言いたくなかったのですが、想像力だけで言語はできません。

 

え?さっきと言っていること違う!

そうなんです。聞くだけ、読むだけであれば英語は想像力だけで補えるのですが、伝達には主体的なアウトプットも含まれます。

ぼくは最初に少しをつきました。 

勘違いして欲しくないのは、この記事は言語伝達(英語)における想像力の必要性に主眼を置いて書いているということ。

想像力の必要性を無視して、インプット、アウトプットを続けても、なかなか英語が上達できずにうまくいかないでしょう。よって、相手の意図を想像することが前提となった上で経験が必要だと思っています。

 

経験を積み重ねてアウトプットが上手くなる方法は意外と簡単。最初は中学レベルの英語を完璧にすればいいからです。中学レベルの英語を完璧にマスターすることは、誰にとってもそれほど苦にはならないでしょう。

難しい言葉でカッコつけて話す必要はないです。相手が難しいことを言っていても想像力を働かせて理解しながら、自分の持ち合わせた英語を使うだけです。

何度も繰り返しチャレンジすることで、使える英語は増えていくので次第に英語は上達します。

 

まとめ 

何度も繰り返し言いましたが、英語も日本語もただの言語伝達のツールでしかありません。

そして言語伝達の目的は、人々がお互いのイメージを伝達すること。よって英語を使うときは日本語を使うときと同じように、伝達する相手の心情を想像することが不可欠です。

 

想像力を働かせずに英語を勉強しようとしても、上達が遅かったり、途中で挫折する原因となったりするでしょう。

人間の脳と言語伝達の目的をよく理解すれば英語はそれほど難し今のではありません。(試験などはまた別の話ですが…)

効率よく頭を使って、英語を習得しましょう。

 

では、アディオス!