ヤンウィズ

大学生や新卒など同世代の若者に向けて価値ある情報を発信しています。留学、英会話、社会問題など若者が関心を抱くテーマで書き綴るブログです。

大卒の肩書きは邪魔?大学中退する前の大学生に考えて欲しいこと!

f:id:yoshidashuan:20170624180437j:image

こんにちは、ショーンです。

ぼくは現在大学2年生でストップしている休学2年目。まわりの大学生はみな就活やっている中で、来年から大学に戻ります。

 

友達からは「ショーンは大学中退しないの?」と言われることもしばしば…

辞めるなんて一言も言った覚えは無いのですが、すでに大学中退キャラになってしまいました。そんなぼくですが、絶対に大学は中退するつもりはありません。

去年、大学を4ヶ月で中退して起業家になった石田くん(あの後どうなったんだろ…)っていう元ブロガーもいましたよね。いっとき大学中退するというネタでネット上に大バズ起こした人です。

 

彼の気持ちはぼくにもすごくわかるのですが、ぼくは彼と同じ道を辿るつもりはありません。なぜならぼくには固い決意があるからです。

それではこれほど大学休んでいるのにも関わらず、なぜ大卒という肩書きにしがみついているのか?大学生ブロガーの本音をお聞きください。

大卒の肩書きって必要?それとも邪魔?

大卒の肩書きは本当に必要なのか?ぼくはたまに大学を中退してもいいのじゃないかと悩む時があります。

もともとぼくには起業願望もありましたし、自由に生きたい願望が強いような異端児的存在なので、周りの人からみても大学にいるのが不思議なくらいの人間といえるでしょう。

 

大卒の肩書きってそんなに必要なものでしょうか?4ヶ月で大学中退を決意した元ブロガーの石田くんはこんなことを書いてました。

 

 

 

やりたいことが決まったときにはすぐに退学という道を決めていました。

 

人生の中でここまで決意することなんてはじめてだったからです。

 

迷うこともありませんでした。

 

不安もありません。

 

もちろん、成功する保証はないし、むしろ失敗の確率の方が高い。

いや、99%失敗するくらいの確率だろう。

 

でも、自分で選択した道で失敗するならぼくはそれでもいいって思うんです。

 

どうしても挑戦したい。

 

そんなのやめろという人は、ぼくが失敗したら思いっきり笑ってバカにしてくれればいいと思います。

 

「ほら無理って言ったじゃん」

 

そう言ってくれればいいです。

 

ぼくにとっては、このままやりたいこともできずにつまらない人生を過ごす方がよっぽど辛いです。

参照:http://yuki-season.hatenablog.com/entry/2016/09/15/193000

 

石田くんの決意は素晴らしいですが、すぐに中退を決めたという言葉は少し不安。

現在の日本は学歴格差がえげつないことも理解しとかないといけません。大卒の肩書きがなければ相手にされない会社も山ほどあります。

 

逆に言うと、ぼくみたいなやつが社会に出る際は、別に大卒の肩書きは重要では無いでしょう。なぜなら、学歴を気にするようなありきたりな会社に入社したいとは思っていないからです。

 

正直に話すと、ぼくは大卒の肩書きは必要ないと思っています。

邪魔とまでは言いませんが、大卒の肩書きがその人間の評価に繋がるような社会は間違っていると思うから。

しかし、大卒の肩書きが要らないと感じているにもかかわらずぼくは大学を絶対に卒業すると決意しています。完全に矛盾…

 

なぜぼくは大卒の肩書きにしがみつくのか?

f:id:yoshidashuan:20170624180749j:image

なぜぼくが大学中退をせんたくしないのか?

理由は大卒の肩書きではありません。

親との約束です。ぼくは現在、親に大学の学費を負担してもらっています。

その身で、大学中退するなんてありえません。

 

ホリエモンがよく、「ぼくは子供の頃から誰のいうことも聞いてこなかった。東大を中退したのも自分の意志。親のせいで中退できないとか言ってる人は成功する覚悟がない。」的なことをいいますが、それは一方的な意見でしかないとぼくは思ってます。

 

大学中退されて嬉しい親なんていないでしょう。親を悲しませるようなことをしてまで、中退したくはありませんし、できるような勇気も持ち合わせてません。

逆に簡単に大学を中退した、ホリエモンや石田くんは親の気持ちを考えていたのでしょうか?(まぁ他人の家庭のことなのでとやかく言うつもりはないですが…)

 

ぼくはここまで育ててもらった親に感謝していますし、大学費用を負担してくれていることにも感謝しています。

だって、親に育ててもらわなかったらぼくら今頃生きてないですから、大学なんて大そうなとこには決して入っていないでしょう。ここまで成長できたのは誰のおかげなのかは理解しているつもりです。

大学中退の決断の際は、自分勝手な都合だけでなく、もう少し周りの人の気持ちも考えるべきではないでしょうか?

親に感謝することの意味をしっかり見つめて、親の気持ちも考えてあげるべきだと思います。

 

話がズレちゃいました…。

とにかくぼくが大学中退したくても絶対にしない理由は、親に嫌な思いをさせないためです。

ホリエモンは「大学は時間とお金の無駄」とも言ってました。時間とお金の切り口でみたら確かに無駄が多いかもしれません。しかし家族という切り口ではどうでしょうか、親の信頼、友達、様々な切り口がある中で、どれが正しいとかいうことはありません。

要はその決断をする時にどの切り口で自分は考えているのかを理解しておくことが大切なのです。

 

ぼくは親と大学卒業することを約束しました。だったら肩書きどうこうではなく、その約束を守るために大学を卒業します。

 

大学中退して今後の人生を後悔しないだろうか

f:id:yoshidashuan:20170624180902j:image

大学を中退しても今後の人生に後悔をしないか?

この問いに将来の自分が後悔しないと言える人は、大卒の肩書きなんか捨てて中退するべきだと思います。ぼくはすでに現時点で後悔する要素があるので、大学中退はできませんでした。

 

現在、元ブロガーの石田くんはどうなったのでしょうか。

ぼくは彼のことをよく知りませんが、最近ブログを閉鎖したり、ツイッターを鍵垢にしたりと以前と比べるとネット上での活躍は風前の灯です。

 

会ったことがないのでとやかく言えませんが、今頃になって後悔している可能性もあるでしょう。大学中退は気軽にできるものじゃありません。また、いっときの感情に流されてしまってもダメだと思います。

 

さっきも書きましたが、石田くんの「やりたいことが決まったときにはすぐに退学という道を決めていました。」という言葉からは、物事の重要さを考えるという緊張感が感じられません。

まぁ若さゆえの発言なのかもしれまさんが、大学中退したことを後悔しないか心配です。

 

大学中退を決める前に考えて欲しいこと

f:id:yoshidashuan:20170624181242j:image

大学中退する前に考えて欲しいこと。それは今の自分と真反対の意見を吟味することです。

例えば、大学にいるのは時間の無駄だから中退するという意見を持っているとします。 だったら大学にいる時間でできる素晴らしいことを考えてみてください。

 

なんでも1極面からでしか見ることのできない人は、選択を迫られた時に感情に流される、もしくは近くに転がっている情報に飛びつこうとします。

これは非常にマズいと思うのはぼくだけでしょうか?

 

大学中退という大きな人生の選択をするときは、ぜひ両極面で物事をみて判断してください。

決して楽な方に流される、つまり考えずに感情で動くといったことをしてはいけません。また考えたフリをするのもダメです。

 

大学中退したいなら、自分とは真反対の意見を受け入れたうえで判断しましょう。ぼくは大卒の肩書きが必要とも、大学中退をしてはいけないとも思っていません。

ただ、大学中退という選択は大きな決断!

もう少し慎重に選択をするため、両極面で物事を判断する意識は失わないようにしてほしいと思います。

 

 

では、アディオス!