ヤンウィズ

大学生や新卒など同世代の若者に向けて価値ある情報を発信しています。留学、英会話、社会問題など若者が関心を抱くテーマで書き綴るブログです。

異端児のススメ|他人と違う変人が世の中を変えていく理由を教えよう!

f:id:yoshidashuan:20170612185215j:image

こんにちは、ショーンです。

あなたは変人と呼ばれたことがありますか?

もし呼ばれたことがあるなら、それは誇りに思ってもらって構いません。

 

え、変人とか異端児とかそーゆうのはごめんだって!?何を言っているんですか?

ぼくは人とは違うことが大好きな変人です。

あ、間違っても変態とは一緒にしなでください!笑

 

とにかく人とは違うことが好き!だからどのグループに所属しても異端児扱いされることが多いです。こういった他者から変人扱いされる生き方をしてわかったことは、他人と違う考えや異端児的な価値観を身につけることで、必ず世の中を変える原動力になれるという自信。

 

今回は異端児のススメについて書いていきたいと思います。

人とはズレた異端児の価値観を持つことは素晴らしい

日本人の多くは社会的な常識に重きを置きます。なので、人とズレた異端児的な価値観をもったひとは日本社会の中で嫌われます。

 

ホリエモンなどはその典型的な人物。

彼はlivedoorの社長時代に日本社会に対して、人々があっと驚くような行動を取り続けました。

・大阪近鉄バッファローズ買収計画

・ニッポン放送買収計画

・衆議院総選挙への出馬

全て失敗に終わったホリエモンですが、多くの人の印象に残ったという点では成功だったと言えるでしょう。

 

しかし、その常識を逸脱した行動は結果として偉い人たち(意味深w)にとっての目の上のたんこぶとなり、2011年の証取法違反の容疑で逮捕。その真相は今も闇の中です。

 

その行動には慎重さが必要だったものの彼についての毎日のニュースは、多くの人々の心に残り、その後の世の中にたくさんの起業家やイノベーターを生み出していると感じます。

 

異端児であることは、社会的に影響力があるとともに、社会に対してたくさんの疑問を投げかけることができるのではないでしょうか?その点において、ホリエモンなどの社会的に異端児な人たちは優れていると思います。

 

 

ぼくが変人(異端児)になった理由!なぜ他人とは違うことを好むのか?

ぼくは名前が人と変わっていることが特徴です。珠晏と書いてシュアンと読みます。

これがぼくの中で他人とは違うことが好きになった原点でしょう。

 

珠晏と名乗ると、多くの人から珍しがられると共に、「かっこいい名前」と褒めて貰えます。

まだ幼い頃から、人とは違う名前を何度も褒めて貰えた経験が積み重なることで、ぼくの中で他人とは違うことへの抵抗感がなくなりました。

 

今ではむしろ違うことへの喜びさえ感じています!!

異端児や変人に好んでなるっていうのは普通の人からするとおかしいな人だと感じるかも知れません。また、ぼくを知っている人も何か変わった人だと思っていることでしょう。

 

ただ、ぼくは異端児であることに可能性を感じています。そしてもっと他人とは違うということを追求していこうとも思っています。

 

 

異端児(変人)が世の中を変えていく理由と異端児になることのススメ

先ほどのホリエモンの様に、ぼくは異端児や変人と呼ばれる人がこれからの世の中を変えていくと思います。

 

なぜ異端児たちには世の中を変える力があるのか??

それは彼らが常に一般常識を疑うと共に、今あるものとは違うものに価値を置いているからです。 世の中にあるものを疑っていない人に、世の中を変えることができません。

 

異端児にはなるべきだが、ダメな変人にはなるな!

ただし異端児となる上で、ひとつだけ気をつけておきたいことがあります。

疑った後に物事に対して一方的な見方をしないことです。国会の前で騒いでいる様な人達は物事を一方的に見過ぎている人だと言えるでしょう。この様に片方の面だけしか見ることのできない人は、本当の意味での変人です。この様なダメな変人(方向を間違えた異端児)になるのは、ただの痛いヤツになるだけなのでお勧めしません。

 

変えるといってもいきなり日本の政治を変えるんだ!なんて大げさなことをいってもしょうがないと思います。

日常的なレベルでのことから、国家レベルのことまでいろんな分野に異端児は必ず存在します。

しかし世の中とは少しずつ変わっていくもの。

一般常識を疑う目を持ちつつも、物事の良いところと悪いところの両面を冷静に分析できる異端児が増えることで、世の中は少しずつ変わっていくのではないでしょうか。

 

この様に、冷静な目を持った異端児たちはこれからの世の中を変えていくことでしょう。何事も極端は宜しくないのです。

以前のホリエモンは極端な活動をやり過ぎました。あの時は多くの人から痛いヤツだと思われていたはずです。

 

今のホリエモンには何かを変える力を感じます。ぼくたちも彼の様な冷静に物事を見る目を持つ異端児になるべきではないでしょうか?

 

ではまた、アディオス!!