ヤンウィズ

大学生や新卒など同世代の若者に向けて価値ある情報を発信しています。留学、英会話、社会問題など若者が関心を抱くテーマで書き綴るブログです。

宗教家や教祖に向いている人にはお金が集まってくるって話

f:id:yoshidashuan:20170531073742p:image

こんにちは、ショーンです。

みなさん、お金稼ぎたいですよね?

でも多くの人がお金の稼ぎ方に迷った挙句、宗教家のもとでせっせせっせと働かされています。このブログを読んでいるあなたはまだ気づいていないでしょうが、このタイトルでつられたあなたは確実に宗教信者のほうです。宗教家の人はこんなこと百も承知のことでしょう。そして、宗教信者のみなさんは、そこにいても決してお金は稼げないと断言します。

 

なぜなら、お金を稼ぐ方法を自らで作ろうとしていないから!いますぐ心を入れ替えて宗教家を目指してくださいww

本物の宗教家の様な胡散臭いことを言い過ぎました…

f:id:yoshidashuan:20170531072955p:image

さて、胡散臭い宗教団体のブログではないか?と感じている方!!ここで読むのをやめないでくださいww

このままでは本当に胡散臭いブログで終わってしまいますww

 

胡散臭い宗教家ブロガーにならないためにも、なぜお金を稼ぐことと、宗教が関係あるのかについてまずは書いていきましょう。

 

宗教家や宗教団体の教祖に向いている人が稼げる理由

基本的に宗教家や教祖に向いている人はお金を稼ぐことができます。

ここで言う宗教家や教祖とは、怪しい宗教団体のトップになっている人たちではなく、熱狂的なファンをつけることができる人たちと考えてください。勘違いしてこの記事を読んでも、得るものは1つもありません!笑

 

彼らがお金を稼げる理由は、彼らが生み出した考え方、新しい価値観、またはサービス、商品などが熱狂的ファンによって支持されていくからです。多くの人が集まり、気持ちを1つにする所には、多くのエネルギーとお金が集まります。

 

例えば、嵐はコンサート1回で10億円以上の興行収入。なぜなら嵐の熱狂的なファンがグッズやチケットに大枚をはたいてくれるからです。ある意味、嵐は宗教家と言えるでしょう。

 

この様に、より多くの人を集めて自分の考えや価値観をその人達に植え付けることができる人は宗教家であり宗教団体の教祖でありお金を稼げる成功者なのです。

そして、その様な人たちが上に立って動かしている世の中つまりは彼らの思惑の中で、我々一般人は宗教信者として生きています。

 

お金を稼ぎたければ、誰かの考えに従う宗教信者になるのではなく、自分の考えを他人に植え付けることのできる宗教家にならなければなりません。

 

 

お金を稼いでいる成功者達はみな宗教家である

f:id:yoshidashuan:20170531073806j:image 

お金を稼いでいる成功者は、ある種の宗教家と言えるでしょう。

ぼくがパッと思いつくのが堀江貴文さんです。名誉毀損にならないために断っておきますが、ぼくは堀江貴文さんが宗教家だと言っているわけでは決してありません。

 

堀江貴文さん(ホリエモンに省略)が使っているお金を稼ぐ方法は、基本的に宗教の本質とさほど変わらないでしょう。

例えばメルマガ。メルマガはその人の言っていることに耳を傾け、その人の考えを参考にして生きようとする人が登録するものです。つまりメルマガは宗教的要素を多分に含んでいると言えるでしょう。

ホリエモンのメルマガの登録者数は16000人以上と言われており、収益にすると年間で約12800万円です。

 

また、YouTuberやブロガーなどもその手の類の人種でしょう。ぼくはみなさんのマインドをコントロールできる様な文章力を持ち合わせていませんが、お金を稼いでいるブロガーさんの文章力には惚れ惚れします。いかに多くの人にファンになってもらえるか、緻密に考えているなと感じざるおえません。

YouTuberも登録者数が多い人ほど稼げる職業の代表です。熱狂的なファンを何人も抱えることで、毎日のプレビューを増やし、お金を稼いでいると言えるでしょう。

彼らの中には1億円プレイヤーも何人かいたはずです。

 

どうでしょう?宗教家や教祖に向いている人がお金を稼ぐ成功者となる理由に納得していただけたのではないでしょうか。

宗教家気質つまりは人を集めてエネルギーを生み出せる人ほど、起業家やYouTuber、ブロガーなど様々な仕事をしながらも世の中でお金を稼いで成功者となっていくのです。

 

 

日本には世界的な宗教家や莫大なエネルギーを生み出す教祖がいない

ホリエモンやブロガーの様な方法で稼ぐ成功者はこの世の中にたくさんいます。

しかし、世界的な宗教家が日本から出てこないのも事実。世界の人々が熱狂するものを日本人はなかなか生み出すことができていません。

 

Appleの創業者のスティーブ・ジョブズはiPhoneで世界中の人々を熱狂させました。新しいiPhoneが発売されるたびに、人々は長蛇の列を作り、Apple製品をこよなく愛すファン達は現在も世界中に散らばっています。

 

その他にも、オバマ元大統領の「Yes we can」は世界中で叫ばれましたし、サッカー選手のメッシな熱狂的なファンは世界の全ての国に必ずいると言っても過言ではないでしょう。

この様に世界には全世界規模で多くの熱狂的なファンを抱える、宗教家気質の成功者達がいますが、日本にはこれといってピンとくる人はいません。

 

安倍総理が何を言っても、世界中の人がその言葉を口ずさむことはありませんし、サッカー日本代表の選手は世界中が注目するクラブ、バルセロナやレアルマドリードで活躍することもありません。

 

そう、、、日本には世界規模で人々を熱狂させ、世界中の人々をファンにすることのできる圧倒的な宗教家は存在しないのです。

 

 

宗教信者から宗教家(成功者)になるためには…

f:id:yoshidashuan:20170531154926p:image

なぜ世界規模の宗教家気質の人材が日本にはいないのか?それは宗教家や教祖に向いている人が圧倒的に少ないからです。

 

日本人は社会の常識やマナー、規範を打ち破ることを極端に拒む民族。

他人と違うことが嫌われる風潮が根強くあります。そのことが、宗教家気質の人材つまりは稼げる人材を減らしていると言えるでしょう。多くの人は成功者の下で宗教信者として生きています。

 

もしあなたが稼げる様になりたいのなら、宗教信者から宗教家へとならなければいけません。人の指示や世の中の常識に従うのではなく、それらを改革する人にならなければならないのです。そのためにはまず、当たり前を疑う必要があるでしょう。

 

お金を稼げる宗教家になるためには、当たり前を疑い、自らで考え出した価値観を多くの人に広める努力をしなければなりません。

現代にはインターネットという素晴らしいツールがあります。自分の考えを広めるにはこの上ない代物。ホリエモンがよく言ってはいますが、インターネットをうまく活用しどんどんと自らのファンを増やしていくこと、まさにそれがお金を稼げるようになる近道だと僕は考えています。

 

 

開祖して新しい宗教を始めろって言ってるわけじゃないからなww

わかってもらえていると思いますが、今回の記事は宗教家を育成するために書いたわけではありません。

「宗教 」「宗教家」「教祖」「お金を稼ぐ」など胡散臭い文字が多すぎて、本当に新興宗教を開く様な人が出てきてしまっては大変。

勘違いするのだけは絶対にやめて欲しいです(切実ww)

 

その上で何度も言わせていただきますが、お金を稼げるようになるためには、宗教家もしくは宗教の教祖となってください。そして、熱狂的なファンをどんどん増やしていってください。

 

多くの宗教家や教祖たちをまとめるリーダーは、世界規模の宗教家へと変貌を遂げます。日本にもそういった世界規模の宗教家が出てくるのを期待したいですね。

 

 

あ、孫さん忘れてた…

彼はまさに世界規模の宗教家。こんな日本人がたくさん出てくれば、日本は世界を引っ張るリーダー国となれるでしょう。

 

 

ではこの辺りで、アディオス!!