ヤンウィズ

大学生や新卒など同世代の若者に向けて価値ある情報を発信しています。留学、英会話、社会問題など若者が関心を抱くテーマで書き綴るブログです。

奨学金による貧困と格差は何が原因か?奨学金制度の問題から改善策を考えてみた!

f:id:yoshidashuan:20170427193854p:image

引用:http://diamond.jp/articles/-/32926

こんにちは、ショーンです。

前回の記事で、母子家庭の子供の教育格差と奨学金制度について取り上げました。

母子家庭に限らず、所得の少ない多くの日本の若者が奨学金制度を使って学費を補っています。

 

しかし、現状の奨学金制度には多くの問題があるのではないでしょうか。

なぜ教育格差を埋める奨学金に利子が必要なのか?こんなにも多くの若者が奨学金の返済に困っているのか?

 

今回はこの様な疑問を解決するとともに、現状の奨学金制度をどの様に変えていけばいいのかについて、考えていきたいと思います。

 

www.shuanblog.com

奨学金制度とは?

f:id:yoshidashuan:20170427193014j:image

まず奨学金制度について軽く説明していきたいと思います。

 

奨学金(しょうがくきん)とは、能力のある学生に対して、金銭の給付を行う制度である。奨学金の厳格な定義としては、学業成績等が優秀な生徒・学生に対して、修学を促すことを目的とするため、返済義務が全く無い給付奨学金(英語: scholarships)の事をいう。

もっとも、このような厳格な定義の下で奨学金事業を運用すると、選抜される給付対象者が著しく少なくなるため、通常は、学生支援の制度趣旨に鑑み、奨学金の定義を無利子ないし低金利を伴う貸与も含めることで、幅広い層が奨学金事業対象とする。

引用:奨学金 - Wikipedia

 

  

この様な奨学金制度が初めて施行されたのは戦時中でした。「意欲と学力のある学生を育てる」をモットーに学業成績や、親の収入についての厳しい審査がなされた後、優秀な学生にのみ給付が行われていたと言われています。

 

そして現在では大学生の2人に1人は奨学金を借りて大学に進学しています。

平成10年から平成26年の16年間で奨学金受給者の人数は約3倍にまで増加しました。48万5千人(平成10年)→133万6千人(平成26年)

 

実際にこれほどまでに多くの人が奨学金を借りて大学に行っているなんて驚きです。

ぼくの周りの人は、どの程度奨学金を借りているのか気になったのでTwitterを使ってアンケートをとってみました。

 

やっぱり半数を超えていた…( ̄▽ ̄;)

しかも40%以上が月5万以上借りていると言う現実。これに利子が上乗せされるとなると恐ろしいです。(そもそも利子つくのおかしいじゃん…

 

利子がつく、つかないがどの様に別れているのか?貨与型と給付型の違いを解説しましょう。

 

貸与型奨学金

貸与型奨学金の中には、無利息のものと年利1〜3%かかるものの2つがありました。日本学生支援機構(JASSO)のホームページから引用してその違いを説明していきます。

 

第一種(無利息)

誰が借りることができるのでしょうか?

 

国内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)に在学する学生・生徒が対象です。

 

利息はどうなるのでしょうか?

 

無利息です。

 

選考基準は何ですか?

 

特に優れた学生及び生徒で経済的理由により著しく修学困難な人に貸与します。

 

返還方法を教えてください!

 

第一種(無利息)の返還方式として、定額返還方式か所得連動返還方式を選択することができます。

・定額返還方式
貸与総額に応じて月々の返還額が算出され、返還完了まで定額で返還する制度です。

・所得連動返還方式
前年の所得に応じてその年の毎月の返還額が決まります。毎年の所得に応じて返還月額が変わるため、返還期間(回数)は定まりません。
なお、所得連動返還方式を選択する際は、個人番号(マイナンバー)の提出が必須となります。

 

いくら貸してもらえるのですか?

1.大学

【国公立・自宅通学の場合】月額30,000円または45,000円
【国公立・自宅外通学の場合】月額30,000円または51,000円 ※自宅通学の月額も選択できます。
【私立・自宅通学の場合】月額30,000円または54,000円
【私立・自宅外通学の場合】月額30,000円または64,000円 ※自宅通学の月額も選択できます。

2.短期大学

【国公立・自宅通学の場合】月額30,000円または45,000円
【国公立・自宅外通学の場合】月額30,000円または51,000円 ※自宅通学の月額も選択できます。
【私立・自宅通学の場合】月額30,000円または53,000円
【私立・自宅外通学の場合】月額30,000円または60,000円 ※自宅通学の月額も選択できます。

3.大学院

【修士課程相当(*1)の場合】月額50,000円または88,000円
【博士課程相当(*2)の場合】月額80,000円または122,000円
(*1)修士課程、博士前期課程、専門職学位課程(専門職大学院)、一貫制博士課程前期相当分
(*2)博士課程(博士医・歯・獣医・薬(6年制学部卒)学課程を含む)、博士後期課程、一貫制博士課程後期相当分

4.高等専門学校

【国公立・自宅通学の場合】(1~3年生)月額10,000円または21,000円 (4,5年生)月額30,000円または45,000円
【国公立・自宅外通学の場合】(1~3年生)月額10,000円または22,500円 (4,5年生)月額30,000円または51,000円 ※自宅通学の月額も選択できます。
【私立・自宅通学の場合】(1~3年生)月額10,000円または32,000円 (4,5年生)月額30,000円または53,000円
【私立・自宅外通学の場合】(1~3年生)月額10,000円または35,000円 (4,5年生)月額30,000円または60,000円 ※自宅通学の月額も選択できます。

5.専修学校(専門課程)

【国公立・自宅通学の場合】月額30,000円または45,000円
【国公立・自宅外通学の場合】月額30,000円または51,000円 ※自宅通学の月額も選択できます。
【私立・自宅通学の場合】月額30,000円または53,000円
【私立・自宅外通学の場合】月額30,000円または60,000円 ※自宅通学の月額も選択できます。

 

第二種(利息あり)

誰が借りることができるのでしょうか?

 

国内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校(4・5年生)・専修学校(専門課程)の学生・生徒が対象です。

 

利息はどうなるのでしょうか?

 

年(365日あたり)3%を上限とする利息付です。なお、在学中は無利息です。 

 

選考基準は何ですか?

 

第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された人に貸与します。(基本的に誰でも借りることが可能)

 

返還方法を教えてください!

 

・定額返還方式
貸与総額に応じて月々の返還額が算出され、返還完了まで定額で返還する制度です。

 

いくら貸してもらえるのですか?

1.大学

月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円または120,000円

2.短期大学

月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円または120,000円

3.大学院

月額50,000円、80,000円、100,000円、130,000円または150,000円

4.高等専門学校

(1~3年生)第二種奨学金は対象外です。
(4,5年生)月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円または120,000円

5.専修学校(専門課程)

月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円または120,000円

 

 

給付型奨学金 

給付型奨学金とは、簡単に言えば国からお金がもらえる奨学金です。

返還の義務はないぶんもらえる額はそれほど大きくないですが、国立大学

 

誰が借りることができるのでしょうか?

 

平成29年度に大学(学部)、短期大学、専修学校(専門課程)に進学した人、及び高等専門学校3年次から4年次に進級した人であって、以下のア又はイのいずれかに該当する人

ア.私立の大学等に自宅外から通学する住民税非課税世帯の人、又は生活保護受給世帯の人
イ.社会的養護を必要とする人(※)

※社会的養護を必要とする人
18歳時点で児童養護施設、児童自立支援施設、情緒障害児短期治療施設(平成29年4月~「児童心理治療施設」に改称)、自立援助ホームに入所していた人、又は、18歳時点で里親、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)委託者のもとで養育されていた人 

 

選考基準は何ですか?

 

次の基準を満たしており、人物・健康とも奨学生としてふさわしいとして高等学校長等に認められた人が、進学先の学校長から推薦され、機構が奨学生として採用を決定します。

○家計基準
・家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)が住民税(所得割)非課税であること
・児童養護施設退所者等の社会的養護が必要な人は18歳時点で施設等に入所等していたこと


○学力・資質基準
【住民税非課税世帯の人】 
・高等学校等在学時に各学校の教育目標に照らして十分に満足できる高い学習成績を収めていること
【社会的養護が必要な人】 
次のいずれかに該当すること
・特定の分野において特に優れた資質能力を有し、大学等への進学後、特に優れた学習成績を収める見込みがあること
・大学等における学修に意欲があり、大学等への進学後、特に優れた学習成績を収める見込みがあること

 

給付額はいくらですか?

 

・国立大学 月3万円

・私立大学 月4万円

  • ※国公立の大学等に進学した場合の奨学金の給付は社会的養護が必要な人が対象になります。また、国立で授業料の全額免除を受ける場合は、給付月額が減額されます。
  • ※社会的養護を必要とする人には、別途一時金として24万円を支給します。

 

 

奨学金制度が抱える問題点

f:id:yoshidashuan:20170427193146p:image

現在の奨学金制度は、それ自体が抱える問題点が多くあります。

その中でも所得格差を埋めるために作られた制度が、貧困の原因になるのはおかしいのではないでしょうか。

その他にも、奨学金による借金に苦しみ結婚を遅らせたり、うつ病の発症、若者の自殺など、社会に出てからすぐに借金を背負う形となる現在の奨学金は様々なところで障害となると言えます。

 

 

頭が良い人だけが助けられる仕組み

現存の奨学金で、無利息と利息ありの基準は学力によるもので分けられています。

そもそも、入学当初の学力は貧しくて勉強に時間もお金もかけれない人の方が圧倒的に低いはずです。このままでは、所得の低い家庭と所得の高い家庭の格差はひらくばかりではないでしょうか?

 

もう少し基準を下げる、もしくは基準を学力の様なはなから格差のあるものから、生活環境や所得といったない人に対して支援が行き届くものに変えるべきだと感じます。

誰にでも学問の自由は適応されるべきです!!

 

 

貧困から抜け出せない現実

実際に奨学金を借りているのは、所得の低い学生です。しかし、現実問題として大学卒業後、彼らにのしかかってくるのは借金。

今のままでは、奨学金自体が貧困をつくる原因となることもあるでしょう。

 

例えば、一人っ子のA君は親の年収が300万円だったとします。(基本的に日本では年収300万円以下は低所得者とされている)彼は東京の私立大学に入ったのですが、地方出身者のため生活費が実家生と比べてかかります。

 

A君の場合(年間)

私立大学の学費 150万円

東京での生活費 168万円(月14万円計算)

アルバイト代  108万円(税金がかからないギリギリの値)

仕送り      60万円(月5万円計算)

 

150万+168万-108万ー60万円=150万円

これが4年間で600万円の借金です。また利子付きのものであれば、年々上乗せされていくでしょう。親も低所得者で一人っ子のA君は、今後親の面倒も見ていかなければなりません。よって借金や介護費のことを考えたら結婚は難しく、また貧困に陥る可能性は高くなると考えられます。

 

この様に、貧困学生にとっては奨学金自体がこれからの人生プランを狂わし、貧困から抜け出せない原因となることも多々あります。

 

 

奨学金支援を行なっている主要団体

奨学金支援を行なっている団体はたくさんあります。そんな中でも、主要団体を3つ選んで紹介します。

 

日本学生支援機構(JASSO) 

日本学生支援機構の奨学金支援は日本で一番使われている奨学金制度です。

トビタテ留学支援など、国家レベルで行われていて制度も豊富。そのため大学内にも情報も多く安心して借りることができるでしょう。

 

苦学生の生活支援、留学支援など幅広い事業を行なっているので、奨学金以外の相談にものってくれる独立行政法人です。

 

日本学生支援機構の奨学金支援はコチラ➡︎奨学金 - JASSO

 

公益財団法人電通育英会

指定の公立高校、大学、大学院の学生に対して、給付型の奨学金制度とキャリア形成支援を行なっています。

大学生は月6万円、大学院生は月8万円と給付額も極めて高いのが特徴でしょう。

 

現在奨学金をもらっている学生の数は約300人とそれほど多くはないですが、全額給付型の奨学金を取り扱っているので要チェックです。

 

電通育英会の奨学金支援はコチラ➡︎TOPICS | 電通育英会

 

公益財団法人三菱UFJ信託

財団設立から64年と長い間、奨学金支援を行なっている団体です。

設立当初の奨学生はわずかに2人と少なかったのですが、現在では毎年400人近い奨学生に奨学金を給付しています。研究や起業を考える志ある学生にはオススメでしょう。

年間で2億円前後の奨学金支援を行なっている団体なので確認するべきです。

 

三菱UFJ信託の奨学金支援はコチラ➡︎奨学事業 | 公益財団法人三菱UFJ信託奨学財団

 

 

奨学金についてのお悩みを解決

f:id:yoshidashuan:20170427193220j:image

奨学金について多くある質問をまとめました。(日本学生支援機構より引用)

 

返済が遅延した場合どうなるの? 

 

弁護士法(昭和24年法律第205号)の特例として債権回収会社が特定金銭債権の管理および回収を行うことを法務大臣により許可されています。
債権回収会社については必要な規制が行われその業務の適正な運営の確保が図られています。

本機構が委託した債権回収会社は、電話、文書および自宅等への訪問により督促を行っておりますが、自宅等への訪問の際、直接現金を徴収することはありませんので、ご注意ください。

 

減額返済について詳しく教えて!

 

減額返還制度は、災害、傷病、その他経済的理由により奨学金の返還が困難な方の中で、当初約束した割賦金を減額すれば返還可能である方を対象としています。
一定期間の当初割賦金を減額して、減額返還適用期間に応じた分の返還期間を延長します。毎月の返還額を減額するため、無理なく返還を続けることができます。

 

返済免除ってあるの?

 

次の場合、願出により返還未済額の全部又は一部の返還が免除することができる制度があります 。

  • 本人が死亡し返還ができなくなったとき。
  • 精神若しくは身体の障害により労働能力を喪失、又は労働能力に高度の制限を有し、返還ができなくなったとき。

 

返済の猶予ってあるの?

 

災害、傷病、経済困難、失業などの返還困難な事情が生じた場合は、返還期限の猶予を願い出ることができます。そのような状態になった場合は、延滞する前にすみやかに手続きをおこなってください。
申請には所定の書類の提出が必要です。審査により承認された期間については返還の必要がありません。適用期間後に返還が再開され、それに応じて返還終了年月も延期されます。 ただし承認されない場合は返還を継続する必要があります。
※返還期限の猶予は、一定期間返還期限を延期する制度であり、返還すべき元金や利息が免除されるものではありません。

 

外国からの返還したいときはどうすればいい?

 

外国から送金される場合、本人負担の手数料が高額であることや、送金分の本機構到着に時間がかかる(金融機関によっては2か月程度を要する場合がある)ことから、可能な限り日本国内の金融機関からの口座振替での返還をお願いしています。
外国に在留している期間の奨学金の返還については、外国に行く前に日本国内の金融機関(銀行の方が便利です)で、口座振替(リレー口座)に加入して口座振替ができるようにしておいてください。

 

 

どうすれば奨学金による問題が解消されるのか?

f:id:yoshidashuan:20170427193738g:image

どうすれば奨学金に苦しむ学生を減らすことができるのでしょうか?

まずは、世の中に無利息や給付型の奨学金制度がたくさんあることを認知してもらわなければなりません。国や大学もそういった取り組みを増やすとともに、認知度を高める努力をするべきです。

 

私立大学における学費の上がり方は近年異常。

これは改善の余地があります。奨学金を借りている学生の多くが私立大学の学生でしょう。学費は国立大学の学生に比べて約3倍。私立では学生の声で、学費の引き下げやより良い奨学金制度の開設が行われたりします。ここは仲間と協力して改善の余地があるでしょう。

 

あと個人的に感じていることは、奨学金を借りている方にも問題があるということ。

奨学金は借金であるという認識が低すぎます。奨学金を借りているのに、パチンコなどにお金を費やしてしまう学生も多くいるのが現状です。もう少し危機感を持って、将来の自分が背負う借金のことを考えるとともに、高校卒業の段階で親が子供の認識を高める努力をするべきではないでしょうか?

 

改善ポイント

・国や大学が無利息や給付型の奨学金を増やす。

・良い奨学金制度が認知される様な仕組みを作る。

・私立大学の学費を下げることで、国全体の学問のハードルを下げる。

・奨学金を借りている学生が、借金であるという危機意識を高める。

 

何にしても、現状の奨学金制度には限界があります。

どこを改善するのかは、その人の立場や環境によって違いますが、多くの人が問題意識を持つとともに日本の教育システムがより良くなればいいと感じてこの記事を書きました。教育は国の財産となる国民を育てるとても大事なシステムです。

奨学金問題という大きな教育問題を改善することで、多くの人に学問の門戸が開けるとともに、国を強くする人材が増えればいいですね。

 

 

 

では…アディオス!!