ヤンウィズ

大学生や新卒など同世代の若者に向けて価値ある情報を発信しています。留学、英会話、社会問題など若者が関心を抱くテーマで書き綴るブログです。

直感の正体を説明しよう!直感を鍛えることで恋愛や仕事が上手くいく!?

f:id:yoshidashuan:20170426183250j:image

アイキャッチで遊んでたら、金正男激似になったショーンです(╥Д╥ )

 

さて、あなたは直感に頼った生き方をしていますか?

もし直感に頼ろうとはせずに、直感をただの感覚と思っている人がいたとすれば、それは人間の能力をあなどり、非常に無意味な結論を導き出していると言えるでしょう!

 

おいおい、直感なんて信じているのかよ…

ここで、そんな風に思っている人を粉々に論破し、恋愛や仕事にも直感を活かしてもらうための記事を今回作りました。

この記事を読むことで知ることになる直感の凄さ。それらを知った上で少しでも直感を鍛えて、新たな思考力を手に入れてください。

直感とは何か論理的に説明するぞ!

f:id:yoshidashuan:20170426182247j:image

「直感」…英語では「intuition」となりますが、これってなんなのでしょうか?

直感を理解して使っている人は、この世にとても少ないように感じます。

 

ぜひ直感を判断力と考えてみてください。これから説明することは、あなたが今まで考えもしていなかった直感にまつわる脳の働きです。

よーく考えれば、直感の本質が何で、直感とはどのようなものかが理解できるはず。直感を理解し使いこなせるようになれば、思考力を今よりも効率よく使うことができます。

 

前置きがだいぶ長くなりました。ではひとつ質問です。

直感を感じる時に人間の脳内では様々なことが起きていることを知っていますか?

 

 

ほとんどの人が無意識で直感を感じていたことでしょう。

今回は脳内で起きている3つの可能性についてお話します。これを聞けばみなさんも直感を鍛えたくなるはずです。

 

 

①五感で感じられる余った情報を直感に集約する

人間には高い情報収集能力があります。それらは五感といわれるものです。

視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚

これらは常に外部の情報をキャッチし、脳に送っています。

 

しかし、人間は五感で感じられる全ての情報を思考することは出来ません。

全てを思考することができるほど、脳の思考スピードは速くないからです。そうして思考しきれなかった情報、つまりは余った情報が直感として処理されるのです。

 

もしこれら全てを思考できる人間がいるとしたら、彼の日常は他の人と比べてスローモーションになっていることでしょう。 

そんな人間はそうそういません!!

というかそんな奴は人間じゃない( ´ ▽ ` )

 

直感を使えば、得た情報をMax使えるようになります!!

 

 

②過去に経験してきたことを引っ張り出している

過去に経験してきたことなんて、そのほとんどを忘れてしまっていると思ってはいませんか?そんなことは決してありません。

実は僕たちが過去に経験してきたことの記憶は、脳の神経細胞核という場所に保存されているといわれています。

 

しかし今回も五感の時と同様に思考レベルでは記憶を見つけ出すことは困難。よってここでも、直感レベルでぼくたちは過去の経験に基づいた判断をしているのです。

以前来た道で迷った時、直感に頼って歩いているといつの間にか目的地にたどり着いているのは、こういたことが影響していると言えるでしょう。

 

 

③人間の既存本能に基づく直感

みなさんは既存本能なんて言葉を知っていますか?

既存本能とはもともと人間が動物として備えている本能のことです。

 

これは危機回避の時や、瞬時の判断を求められた時などに発揮することのできる力。この力と直感は連動していると言えるでしょう。人間社会においてこの能力必要であるかは疑わしいですが、直感を鍛えることで人間の本能を最大限に引き出すことが可能となります。

 

もし事故など危険な目にあった際にこの能力は活きるでしょう。なぜなら、事故にあった時、最後にはこう言った動物的本能によって自分が守られることがよくあるからです。

 

 

直感を使うべきタイミングとは

f:id:yoshidashuan:20170426182354j:image

どうでしょう?直感の重要性について理解してもらえましたか? 

では次に直感を使うべきタイミングについてお話ししていきたいと思います。

 

ぼくが直感を活用しているタイミングは大きく分けて3つです。

・他人とコミュニケーションをとるとき

・論理的に考えても答えが出ずに行き詰ってしまったとき

・瞬時の判断、危機回避等をするとき

 

ぼくはこれらのタイミングで直感に頼って物事を考えるようにして来ました。

この3つに共通して言えることがひとつだけあります。

 

それは、脳がフル回転している状態にあるということ。

脳がフル回転している時、脳は余計な情報まで取り込んでしまいます。それは脳が、より多くの情報から判断する合理的なシステムだからです。

 

しかしこの時、我々はミスを犯すことが多くなるでしょう。

なぜなら、脳はより印象的な情報を取り込むからです。

例えば鬼ごっこをしていた時に、よく前側から捕まることはありませんでしたか?本来鬼から遠ざかるべき鬼ごっこでは、前側ではなく後ろ側から捕まるのが普通。

しかし我々が鬼を意識しすぎると、逆に鬼に近寄って行くように脳によって誤った指令が出されます。危機回避、瞬時の判断によって脳がフル回転することで、印象的な情報から判断している事例と言えるでしょう。(自動車運転中に反対車線の車に無意識に引き寄せられるのも同じ理由)

 

直感を使うべきタイミングは、脳がフル回転しており、瞬時の判断を求められた時だということをよく覚えておいてください。 

 

 

直感の鍛え方

f:id:yoshidashuan:20170426182436j:image

直感とは基本的に日常の中で鍛えることができます。

色々な経験をしておくことは、直感を鍛える方法の一つ。見たことのないもの、触れたことのないものを判断することは非常に困難ですが、経験したものは思考しなくても瞬時に判断が下せます。

 

また、直感の答え合わせをすることも有効な手段の一つ言えるでしょう。

直感の答え合わせとは、直感的に感じた物事が今までのどのような経験、記憶から導き出されたものかを考えてみることを指します。

これをすることで、正しい直感と誤った直感の判別をつけ、直感の精度を高めることができるはずです。

 

直感を鍛えるトレーニングとして多くの人がやっているのが瞑想トレーニングも効果的でしょう。 この効果は、思考することを極限までやめて、感覚で様々なものを感じることにあります。直感は無意識つまり思考してない時の感覚と言えるでしょう。この能力を日々磨くため、あえて無意識に近い状態を作り出し、感覚を尖らせる瞑想は効果があるのです。

 

 

経営者は思考力を鍛えるため直感のトレーニングをしていた

スティーブ・ジョブズが普段の生活で瞑想を取り入れていたということはよく知られています。彼が直感的思考を得るためにやっていたのかは定かではありませんが、経営者など人の上に立ち、重大かつ瞬時の判断力が必要な人ほど、このようなトレーニングを積んでいるようです。

 

昨年アメリカにいた時に感じたことですが、シリコンバレーの経営者の中では、こういった直感力を鍛えるトレーニングが流行っているようでした。

ぼくが聞いた話では、1時間花を見るだけのセミナーに10万円を支払う経営者もいるとのこと。最先端の情報を扱う彼らが、このようなトレーニングをやるということは、彼らにとって直感的思考が大きく価値があることだと言えるでしょう。

 

正直、花を見るだけのセミナーに10万円払う価値はないと思いますが、こういった話からもわかるように、直感を磨くことは多くのものがデジタル化していっているこれからの世の中では、必要になってくるのではないかとぼくは睨んでいます。

 

 

直感的な思考力を身につけて、恋愛や仕事に活かしていこう

f:id:yoshidashuan:20170426182541j:image

どうでしたか?最初は直感なんてと思っていた人も、この記事を読んで考えを改めたのではないでしょうか。

 

直感的な思考力は、意外と身近なところで必ず活きてきます。特にコミュニケーションに置いては抜群。相手から出ているサインを、無意識のうちに読み取り、より良い判断で相手の意図を汲み取ることができれば、恋愛や仕事でうまくいくこと間違いなしです。

 

しかし、直感的な思考力は一朝一夕で身につくものではありません。

日頃から上に書いてあるようなトレーニングをつみ、意識して高められていくものです。もし、直感を使いこなしたいと思った方はメンタリストDaiGoさんの「直感力」という本を読んでみて下さい。きっとここに書いてある以上に新たな発見があるはずです!

 

 

直観力

直観力

 

 

 

では、アディオス!!