ベーシックインカムが導入されたら働かずにお金もらえるって知ってた?

f:id:yoshidashuan:20180510184604j:plain

f:id:yoshidashuan:20180326225346j:plain

働くのしんどない?

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain

まぁね、でもこれから働かんでいい時代くるかもよ!!

f:id:yoshidashuan:20180326225346j:plain

なにそれ?

むっちゃええ時代やん!

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain

ベーシックインカムってしっとる?

f:id:yoshidashuan:20180326225346j:plain

知らんわ…

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain 

はい!調べて!!ググって!!

 

今回は、今後日本で行われるかもしれないベーシックインカムについて考えていきたいと思います。

みなさんが働くことなく一定のお金がもらえる。そんな時代が将来訪れたとしたら、みなさんの生活はどうなるのでしょうか?

そんなもんあるんか?って言う様な不思議な政策ですが、実際に行われている国もあるくらい、今後現実的に起こるかもしれない政策です。ちょっと詳しくなるだけでも、今後の人生に役立つはずなので少しだけこの記事を覗いてみてください!!

ベーシックインカムって何?

f:id:yoshidashuan:20180510185304j:plain

f:id:yoshidashuan:20180326225346j:plain

今回はなんとなくわかるかも!

 

ベーシックインカムとは最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給するという政策。

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain

まじ??説明よろしく!

f:id:yoshidashuan:20180326225346j:plain

国からある程度のお金を、国民全員がもらえるようになるってことやろ!?

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain

そうそう!

詳しく説明するね。

 

ベーシックインカムとは、基盤となる収入と直訳できます。つまりは国民全員に政府がお金を配るシステムです。

例えば、20万円という決まった額のお金を国民全員に配り、労働時間を減らすことで自分の為に使う時間を増やすことができる政策です。

一見良さそうな政策ですが、この政策には問題点も多くあります。ベーシックインカムが導入されたらこの社会はどう変わるか考えてみましょう。

ベーシックインカムが導入されるとどうなる?

f:id:yoshidashuan:20180510185511j:plain

ベーシックインカムとはどのような時に導入されるのでしょうか?

結論を言うと、残念ながら今の日本にベーシックインカムを導入することは無理です。理由はシンプルで、日本国内の労働力を減らす余裕がないからです。

しかし、逆に言えば労働力を機械に頼ることができるならどうでしょうか?

人間が働かなくていい時代になれば、この政策って現実味を帯びてくるのではないかと思います。今のところ考えられることといえば、機械が人間の代わりに生産活動をする状態が理想的なベーシックインカムが行える状態と言えます。

ちょっと妄想してみましょう。

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain

機械が仕事をするとなると、世界ってどう変わると思う?

f:id:yoshidashuan:20180326225346j:plain 

うーん、人間の仕事が奪われる怖さはあるよね。

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain

仕事が奪われたら辛いけど、ベーシックインカムで生きていけるだけのお金は配られるようにはなるし、実際に自分の仕事に生きがいを持ってやってる人って意外と少ないとも言われてるよ。

f:id:yoshidashuan:20180326225346j:plain

確かに自分の生きがいと向き合った時に、今してる仕事が必ずしもやりたいことをやっているとはいえないかもな。

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain

そういう日本人多いかも!

逆に機械が仕事をある程度してくれるおかげで生まれた時間を、自分のやりたいことに使えるってことは、結果的にたくさんお金を稼ぐことよりも幸せなことかもしれんね。

 

人生の中で幸福とはお金がたくさんあることではありません。ぼくは人生を有意義に使える時間があることが幸せだと感じます。

もちろんお金を稼ぐために仕事をすることは今は大事です。しかし、ロボットが自分の代わりに仕事をしてお金がもらえる社会が生まれた場合、皆さんは仕事を続けるでしょうか?

ぼくはすぐに仕事を辞めて自分のやりたいことで少しお金を稼ぎながら生きていこうと思います。

www.shuanblog.com

ベーシックインカム導入によるメリット・デメリット

f:id:yoshidashuan:20180326225346j:plain

働かなくていい時代ってやばない?

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain 

でも、デメリットもあると思うよ。

仕事が生きがいやった人って、仕事がなくなっちゃうよね。あとは、もらえるお金以上に稼ぎたい人ってどうなるのかな?

f:id:yoshidashuan:20180326225346j:plain

たしかにメリット、デメリットありそうやな。ちょっと詳しく知りたいかも!

ベーシックインカムのメリット

・複雑な社会保障制度の解消

そもそも今日本にある社会保障を全て知っている人なんていない思います。

これがどういうことかといえば、知っていなければ救われないということです。

逆にベーシックインカムはシンプルで、全ての保障が収束して一定のお金が配られるので複雑な社会保障よりもわかりやすいという点は大きなメリットだと思います。

・失業率の低下

失業中にお金が確実にあるという状態はすごく大きなことです。

安定の収入があれば再就職の活動にも安定感が増し、スムーズな再就職を行うことができると考えられており、その点において確実にお金がもらえるベーシックインカムは失業率低下に一役買う可能性があると言えるでしょう。

・資本主義社会の中での格差が減少!?

ベーシックインカムでは、一定のお金を国民に配ります。よって、お金を稼げていなかった経済的に困難な人にも一定のお金がはいります。

極端に言えば、今までホームレスをしていた人にもお金が入るので、確実に中流階級との格差は詰まると言えるでしょう。

ベーシックインカムのデメリット

・労働意欲の低下

これが最も懸念されているデメリットかとは思われます。

現金の給付が始まると、労働者の働く意欲は失われてしまいます。

実際に、近世に入って導入されたベーシックインカムは労働委用の低下によってなんども廃止されてきました。

・財源確保の不確実性

これは、給付する現金はどこから持ってくるの?というような問題です。

そもそも、日本人全員に毎月現金を給付するのは不可能に近いと思われます。

例えば日本人1億2千万人に毎月5万円の現金を1年間給付すれば、72兆円の財源が必要になります。絶対に無理です。国が破綻します。

・他の社会保障がなくなる危険性

 今日本では、年金制度や母子家庭への保障、失業保障制度など様々な社会保障が実施されています。この社会保障の恩恵を授かっている人にとっては、今後それらの保障がなくなることへの心配が懸念されるでしょう。

社会保障に頼っている人にとっては、ベーシックインカムによって逆にもらえるお金が減る可能性もありますのでデメリットとなると言えるでしょう。 

ベーシックインカム導入後の日本とはどんな国?

f:id:yoshidashuan:20180326225346j:plain

これが実際に導入されたら、おれらの生活ってどうなるん?

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain

気になるよね!

おれもそれは気になるけど、実際に経験したわけではないから導入された国の具体例を踏まえて妄想で話すわ! 

f:id:yoshidashuan:20180326225346j:plain

どんな国でベーシックインカムって実施されとるん?

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain 

最近ではフィンランドが有名かもね。

フィンランドでは2年間の試験的なベーシックインカムが行われてるよ。ちょっと内容見ていこうや!

 

フィンランドが国民全員に非課税で1カ月800ユーロ(約11万円)のベーシックインカムを支給する方向で最終調整作業に入ったことが判った。

ベーシックインカム支給に要する総予算は522億ユーロ(約7兆円)にも及ぶこととなるが、ベーシックインカム支給と共に、政府による他の全ての社会福祉支給が停止となる予定ともなっており、政府は複雑化した社会福祉制度をベーシックインカムに一本化することにより、間接的な費用の支出を抑えることもできることとなる。

最近行われた世論調査ではフィンランド国民全体の約69%が導入に賛成の意見表明を行っており、現状のままで世論動向が推移した場合には、フィンランドは世界で初めて、ベーシックインカム制度を導入する国家となることとなる。

ベーシックインカムの導入の最終決定は2016年11月までに行われることとなる見通し。

西欧諸国の間では、オランダもベーシックインカム制度導入のための試験制度を来年から導入することを既に、決定している。

引用:http://www.businessnewsline.com
/news/201512071631370000.html

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain

この結果どうなったと思う?

f:id:yoshidashuan:20180326225346j:plain 

お金が破綻したとか!?

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain 

まぁ、フィンランドでは計画的にベーシックインカムを行ったみたいよ。まず配った人は失業者のみで財源も確保してたみたい!でも、結果的に失業者にとってみればその場しのぎのお金にしかならないし、あまり成果がでないといわれてるみたいよ。

f:id:yoshidashuan:20180326225346j:plain

せっかくいい政策なのにうまくいかんのやね。難しい…

f:id:yoshidashuan:20180326225413j:plain

それな、それでもベーシックインカムは未来を見据えて考えていくべきやと俺は思うんよ! 

ベーシックインカムはポスト資本主義の理想を叶える!

f:id:yoshidashuan:20180510185858j:plain

現在、ポスト資本主義の入り口にぼくらはいると思います。新しい資本主義では、様々なことがテクノロジーによって代替されていくことでしょう。

ポスト資本主義では人間が働かなくて良いのではないか?という理想もよく提唱されています。その社会では新しい仕組みが必要となってきます。間違いなくそこにベーシックインカムは組み込まれることでしょう。

人間が働かない社会なんて理想だとよく言われます。しかし、そう遠くない未来に必ずそんな時代がやってくるのです。

少しだけ、ベーシックインカムのような未来の社会に必要な考えを持ってみてください。

 

では、ウェッサイ!!