親が認めてくれない。嫌いになる前に知ってほしいこと。

f:id:yoshidashuan:20160510124017j:image

こんにちは、ショーン(@s3am0763)です。

みなさんは親との関係は上手くいっているでしょうか??

ぼくは、つい先日親と喧嘩をしてしまいました。

 

その時のリアルタイムなツイートがこちらです。

 

なぜ親と上手くいかないのか、そしてどうすれば親から認めてもらえるのか、そんなことを今まさに考えているぼくが導き出した答えを、この記事で共有したいと思います!

親が認めてくれないのは、親の理解がたりないからだ…

本当にそう思いますか??

親が認めてくれないことを本気で親のせいにしているうちは、いつまでたっても認められることはないと思ってください。

 

親があなたを認めないのには、相応の理由があります。

自分が認められていないと感じる方は、まずその理由を考えてみて下さい!

 

例えば、ぼくが親から認められない理由の一つに社会に対する考えのあまさがあげられます。

ヒッチハイクをしたり、ブログの広告収入で、アメリカでの生活費を稼ごうとしているぼくの考えはあまい。

「地に足がついていない」とよく言われます。

たしかに正論なのですが、色々と悩んだすえに出した答えだったので、「あまい」と言われたときはすごく腹が立ちました。

 

この様に自分が必死になって考えたことを、相手の理由によって頭から否定されることはとても辛いですよね。しかし、自分にとっては悪く聞こえるような理由でも、相手にとっては正当な理由です。

 

このとき理解が足りてないは親だけではありません。

親の考えを理解できていない自分も必ずいるはずです。

一度ぐっとこらえて、親の意見を受けとめましょう。

 

親であっても価値観を押しつけてはだめ!

親なら自分の考えを理解してくれると思ったら大間違いです。

自分の親であり、1人の人間。

大事なことを話す場合は、この考えを忘れてしまってはいけません。

 

とくにやっていることが親との世代間ギャップのある方はこれを気をつけて下さい。

このギャップはそう簡単には埋まらないので、時間をかけて埋めていきましょう。

 

無理に理解してもらおうとするのは、価値観の押しつけでしかありません。

それは自分の親であっても一緒なのです。

 

あくまで認めてもらうという立場を忘れてはいけない

自分の考えを親と話すときに忘れがちなのが、自分は認めてもらう立場であるということです。

ここは絶対に勘違いをしてはダメなところ。

 

親と話すときに、途中から喧嘩腰になったりしていませんか?

これは認めてもらう立場の人間がすることではありません。

もし親の方から何か言われたとしても、感情的にならずに、認めてもらえるような態度で話を続けましょう。

 

 

親の意見には感謝の気持ちを伝えよう

どんだけ理不尽なことを言っていても、親は子供のためを思って話してくれています。

もしかすると、その考えは自分の考えよりもはるかに劣っているかもしれません。

 

ただ、それをわざと指摘するのはよくないとぼくは思います。

常に親の考えには感謝の気持ちを持って接してみてください。

 

「お母さんなりに色々考えてくれてありがとう」

「お父さんがそうやって言ってくれるのはすごく嬉しいよ」

この様に感謝の気持ちを直接伝えた上で、自分の意見を言えるようになると、話がスムーズに進みます。

 

今すぐに認めてもらう必要はない

あなたのやっていることは、今すぐに認めてもらう必要がありますか?

 

まだ結果が出ていない人は、結果が出てからでもいいとぼくは思います。

なぜそんなに慌てて認めてもらおうとしているのか、それを考えてみてもこれといった答えは出ません。

 

親の応援がないと…

親からある程度資金を借りたい…

この様に親を頼っているようでは、何事も成功しません。

全て自分の力でなんとかして、ようやく認めてもらえるのではないでしょうか?

 

ぼく自身、親に認めてもらうことはどーだっていいことだと今はわりきっています。

自分の何かを成し遂げれば親はいずれ認めてくれる。

そんな感覚でいるのも悪くないですよ。

 

まとめ

偉そうなことを言っていますが、ぼく自身ついこの前考えて出した答えです。

 

就活しなかったり、フリーランスになったり、日本一周、バックパッカー、ヒッチハイカー、ブロガー、留学、休学、ぼくの周りには人生を面白く生きている人がたくさんいます。

またぼくも一応その1人です。

 

この様に自分のやりたいことを貫いていると、どうしても親との衝突が増えます。

自分の人生くらい自分で決めさせてくれ。

こうして親が認めてくれないことがネックになって、親のことを嫌いになることもしばしばあるのではないでしょうか?

 

でも、嫌いになる前に知っておいて下さい!

親は意見を言っているだけで、決めるのはあなたな。

 

親が認めてくれなくても自分で決断はできます!

親に認めてもらわないと決断できないなんて、いつまで親にあまえているんですか?

それじゃあいつまでたっても一人前と認めてもらえない。

 

まずは結果を出しましょう!

親から認めてもらうのは、その後でも遅くはないとぼくは思います。

 

 

それではこのへんで、アディオス!!