ドローンを使った新しい仕事のカタチ|ドローンを広める女子大生に話を聞いてきた!

f:id:yoshidashuan:20170812142808j:image

こんにちは、ショーンです。

みなさんはドローンを飛ばしたことがありますか?

ぼくは未だにドローンを飛ばしたこと、触れたことさえもありません。

しかし、あまり馴染みのなかったドローンを使った仕事が近年はやっていると噂に聞きつけはるばる九州の地にやってきました。

なんと九州にはドローンを飛ばす女子大生たちがいるそうではありませんか…これはぜひ会って話を聞いてみたい!!

そんな男の不毛な考えとは裏腹に、今回はドローンの可能性、またドローンを使った新しい仕事のカタチについてガチのインタビューになりました。

なぜ女子大生がドローンを飛ばすのか?その理由に深く迫っていきたいと思います。

九州にドローンを普及させている女子大生がいる!?

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「はじめまして、ショーンです。今回はドローンを広めている女子大生がいると言うことで取材をしにやってきたのですが…ドローンを広めている女子大生さんでしょうか?」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「田中沙織です。みんなからはさおりんと呼ばれています。よろしくお願いします。一応、福岡の女子大生ですよ…笑」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「じゃあ、さおりん!よろしくお願いします。早速、今どんな活動をやっているか聞きたいと思います。さおりんは何者ですか?」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「現在私はNPO法人学生ネットワークWAN(http://kg-wan.net/)で学生代表をしています。そのNPOとビシップという株式会社の共同の取り組みとして、JDxdrone(ジェードローン)というチームを組んでおり、ドローンを使うことの可能性を幅広い層に伝えていきたいと思っています」

 

NPO法人学生ネットワークWANとは?

f:id:yoshidashuan:20170809171224j:image

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「NPO法人学生ネットワークWANって何やっているのですか?」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「ザックリいうと、みんなのやりたいことを体現する場を作っています。大学生ってどうしても大学の中だけにとらわれてしまいがちで、視野が狭くなることもあるので、その視野を広げながら地方創生というテーマで事業展開を試みている団体ですね」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「なるほど、ぼくが大学生ブロガーの集いをやりたいと言ったらできるかもしれないと??」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「学生ライターの情報交換の場はすでにFacebook上でありますよ!新しく作るならしっかり目的やゴール、付加価値を生み出せないか計画立てて作るという形になりますね」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「計画かぁ、苦手…笑」

 

NPO法人学生ネットワークWANについての詳細

 

NPO法人学⽣ネットワークWANは、それぞれ同じ志を持った学⽣が学校の枠を超えてつながるネットワークを作りたいという思いのもと、事業展開してきました。
このネットワークに集まった学⽣たちが、このネットワークを使って学⽣にしかないやり⽅で夢に向かって成⻑するためのアクションを起こしていける、ここに来れば⾃分のやりたいこと、同じ⽬標を持った学⽣に出会え、その学⽣同⼠で刺激しあい、気づき、成⻑し合える、そんな「場」を創造していくことを⽬指しています。

引用:NPO法人学生ネットワークWAN

kg-wan.net

 

なぜ女子大生がドローン!?

f:id:yoshidashuan:20170809171208j:image

女子大生でドローンを飛ばす団体を運営しているのはなぜでしょうか?

ぼくは個人的に、そして男性参加者的には何とも喜ばしいことですが、ワケが気になる!!

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「ドローンを使った取り組みの方を詳しく教えてもらえますか?」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「JDxdrone(ジェードローン)の方ですね。ジェードローンは、女子大生がドローン業界を盛り上げるお手伝いをしています」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「なぜ女子大生が??とぼくはなりました。」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「そこが狙いです!普段はドローンを扱いそうにない女子大生がドローンを使うことで、ドローンの機動力や、利便性、扱いやすさなどが伝わると考えています。またドローンは男性だけが扱えるものではないですし、女子大生や子供の方が習得しやすく、面白い使い方を発想できると思っています」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「なるほど、ぼくはその術中にまんまとはまったわけですね〜笑」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「術中なんて言葉が悪い!そんな意味ではなく、幅広い層、特にお年寄りや女性などができる新しい仕事の可能性を感じているからこそ、女子大生だけでやっているというのが本音です」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「女子大生ブランドを上手く使ってますね!参加している男性はウハウハです。ドローンも運転できて、女子大生とお話しできて…」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「そうですね。イベントにはドローンを触ったことのない男性参加者もどんどん参加して欲しいです!」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image(遮られちゃった…汗)

 

確かにドローンの機能を聞いていると思ったより操作も簡単そうでどんな世代の人でも気軽に始められそうな気がします。最も、女子大生が楽しんで操作しているのですから、その説得力は増しますね。

さおりんもすでに佐賀県の伊万里や福岡県の糸島で何度かドローンを飛ばしたことがあるそうで、操作が簡単なことを熱弁していました。

 

本当にドローン操作は簡単なの??

f:id:yoshidashuan:20170809171247j:image

みなさんが気になっていることと言ったら後はドローンの操作が簡単なのかってことくらいですよね。

女子大生とかいってみんなプロフェッショナル集団ってこともありますから突っ込んでみたいとおもいます!!

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「ドローンの操作ってそんなに簡単なのですか?まだぼくは懐疑的です」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「とっても簡単ですよ。ショーンさんも飛ばしにくればいいじゃないですか。1日あれば飛ばせるようになります」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「着陸とかなんか難しそう…」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「着陸も簡単です。私たちの使っているドローンは、ボタンひとつで元の位置に戻ってきてくれるんですよ!」

f:id:yoshidashuan:20170809172224j:image

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「ひぇ〜技術の進歩ってすごい」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「他にも自分でホバリング(空中で安定すること)してくれるドローンもありますし、基本的に危ないものではないので誰にでも簡単に操作できると思います」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「なるほど、これからは誰にでも簡単に操作できるようにドローンはもっと改良されてきそうですね」

 

実際に使っているところを見せることができたらよかったのですが、さすがに福岡の街中で勝手にドローンを飛ばすと怒られてしまうようです。

しかし、きちんと資格を持った人や、許可を得た場所でなら誰にでも簡単に飛ばせるものなのだとわかりました。

 

ここでひとつ疑問が…

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「誰にでも飛ばせることはわかったけど、ドローンを使った仕事ってそんなに需要あるのか??」

 

ドローンを使う仕事ってなに?

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「では、ドローンを使った新しい仕事についてお話していきます。ショーンさんはドローンを使ってどんな仕事ができると思いますか?」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「空撮カメラマンとか、、、あと、アマゾンとかで配達サービスやってましたよね」 

f:id:yoshidashuan:20170809171929j:image

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「他にも農業で農薬を散布し、作物の状況を観察することや、建築業で空から測定や点検をすることにも使えます。災害救助でもドローンは使われてきていますね。プロの仕事以外では、例えば今後は結婚式のムービーの撮影や、運動会の撮影とかにもドローンは使えるようになると思います」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「おお、なんかいろんなことに使える気がしてきました」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「そうなんです、これからドローンの需要って撮影を中心にどんどん広がっていくと思うんです。生活の色んなところにドローンが入り込んできて、その度にドローンの操作に慣れたスタッフが必要になってくると思うんです。だから今のうちから、ドローンの操作を学んでおく、使いこなせるようになっていることは大切だと思います」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「でも、資格は必要ですよね?」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image「確かに資格を持っていることはドローンを安全に操作できる証明になるので持っていた方がいいと思います。公的にはまだですが、現在ドローンの免許も発行されていますし、今後その免許が自動車運転免許などと同価値で扱われる日も来るのではないでしょうか」

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image「なるほど、ドローンが免許制になると…それはそれで面白いです。ドローン産業自体、先行者優先だと思うので、今のうちに資格なり免許なりを取っておくのもいいかもしれませんね」

 

最後に自己PRをどうぞ!!

f:id:yoshidashuan:20170809171326j:image

最後にさおりんが活動している女子大生ドローン団体のPRをしてもらいました!

f:id:yoshidashuan:20170809122158j:image

私たちは多くの人にドローンの可能性を知ってもらうために活動しています。

今は福岡や佐賀など九州を中心に活動していますが、今後活動地域も広げていきたいと言う気持ちも強いです。

運営に携わりたいと言う女子大生は全国どこからでも募集中です。リモートもOKなのでSNS等でも声をかけてきて下さい!

peraichi.com

また活動地域を広げるために、スポンサーについてくださる方々も募集しています。

私たちのドローンの取り組みに共感してくださる会社、個人がいらっしゃればお待ちしています。

kg-wan.net

最後になりますが、私たちはドローンを飛ばすイベントを企画しています。ドローンに興味があるけど、飛ばせる場所がない。飛ばし方がわからないという方は、体験できるので是非一緒にイベントを開催しましょう!!

peraichi.com

 

f:id:yoshidashuan:20170809122141j:image

完璧なPRです!

取材も快く受けていただきありがとうございました。また機会があれば、ブロガーがドローンを飛ばす会やらせてもらいます!笑

 

f:id:yoshidashuan:20170812143423p:image

どうでしょうか?みなさんの中で、ドローンとはどんなものですか?

ぼくはこのインタビューでドローンの可能性を強く感じました!これからドローンは機能性や利便性が増すとともに、安価になっていくことは間違いありません。

今のうちに資格を取っておいたり、ドローンの操作に慣れておくことで、あなたに新たな仕事につながる可能性を創出してくれることでしょう。

ぜひ女子大生と一緒にドローン操縦を体験してみてはいかがでしょうか。

 

では、アディオス!!