大学で友達の作り方がわからない人へ。友達を作る3ステップを伝授!

f:id:yoshidashuan:20170626173234j:image

こんにちは、ショーンです。

今回は友達の作り方をテーマとして記事を書いていこうと思います。

 

ぼくは今まで友達を絶やしたことがないです。

友達といなかった経験がないので、友達がいないという状態がどんなものなのか、正直わかりません。しかし、友達の作り方ならわかります。

 

いきなり難しいことを言ってもしょうがないと思うので、友達の作り方がわからない人向けに「友達を作る3ステップ」というものを教えます。

この方法は漫画「3月のライオン」に載っていた方法ですのでぜひ試してみてください。

大学で友達作るの難しいよね〜

3ステップを伝える前に、大学で友達を作ることって高校よりも難しいということをお伝えしておきます。

何が難しいかって、大学では固定のグループができてしまったらそこからメンバーを増やそうとしません。ぼくは1匹狼なので、あまりグループという意識は好きではないのですが、大学とはそう言ったところです。

 

理由は高校生の時のように、クラスというまとまりがない中で、大学では自分たちでそのまとまり(社会)を作ろうとするから。しかし、社会を統制するにはある程度規模感というものが大事になります。あまり大きい規模のグループを作ると統制が取りづらくなるので、既存のメンバーは積極的にメンバーを増やさないのです。

 

グループに属したら友達になれるわけではない!

大学生によくありがちな勘違いなのですが、グループ作ること=友達を作ることと思っている人が多く見受けられます。

 

ツイートしている通り、グループを作る作業は自分の所属する社会をつくるだけ。別に友達ができているわけではありません。

友達の作り方がわからないという人も安心してください!みんな友達の作り方なんてわかっていません。

 

どうしたら友達になれるの?

 

大学で友達を作るのにグループなんてものに所属する必要はありません。むしろ1からグループなんてものを作っている人たちは、効率が悪いと思います。

 

ではどうするの?

シンプル。他人とポジティブな接点があればいいのです。

「そのお菓子、美味しそう!ちょーだい!」

小さな子供はこんな接点で友達関係を築きます。これは理想の友達の作り方ではないでしょうか。

 

しかし、なかなか知らない人と接点を持つのが難しい世の中。簡単に声をかけることなんてできません。

その為に、ようやく3ステップの登場です!

3ステップでは接点を作って、仲良くなることを意識して下さい。

 

友達を作る3ステップ

Step1 最初は動物の友達を作る

まずは動物と仲良くなって下さい!

ペットの猫、隣の家の犬。

あなたの周りにもたくさんの動物たちがいると思います。

 

知らない人に声をかけることはできなくとも、不思議と動物であれば知らなくても頭を撫でたりします。

動物は人よりも接点を作るハードルが低いです。

 

知らなくても声をかけれる!触れる!という感覚を動物と友達になることでつかんで下さい。

 

Step2 次に年が上の友達を作る

動物とうまく友達になれたら次は年上の人。

できるだけご年配の人などにしましょう。

彼らは若者と話すことを快く受け入れてくれるので、恐がらずに自分から声をかけることが大事です。

 

どんどん年上の人たちと仲良くなって、人に対するアプローチを体で覚えましょう。

最初はビビってしまうかもしれませんが、よく話しそうなオバさんや、おじいさんなどとはすぐに友達になれると思います。

もうここまでこれたら最終ステップです。

 

Step3 最後に年が近い友達を作る

年上の人と友達になれたなら、それはあなたが友達の作り方を身につけたと言ってもいいでしょう。

後はどんどんと年齢層をおとしていって、自分の年に近づけるだけです。

 

初対面で接点をつくって、仲良くなるという意味では動物も年上の人も、年が近い人も同じ。

大事なことは、お互いが心を開いて話し合えるようになることです。

その為には、自分から接点を作りに行く努力が必要。なれてない人は次の裏技を参考にしてみて下さい。 

 

大学で友達を作る裏技

f:id:yoshidashuan:20170626175727j:image

たぶん大学で他人と接点を作るのが難しいのではないかと思い、友達を作る裏技を考えました。

友達を作る裏技と書いてますが、友達を作る為に必要な初対面の人と接点を作る方法だと思って下さい。

 

大学でいちばん接点を作れる場所があります。講義室ここでの接点はたくさんあります。

「消しゴム貸して下さい」

「ノート見せてあげるよ」

「先生が何言ってるかわかります?笑」

こんな感じで軽く話しかけてみましょう。

 

小さな大学では毎週講義のたびに同じ人と鉢合わせしますので、こんな感じで話していると、他人から知り合い、友達へと進んでいきます。

大きな大学でもやることは一緒なのですが、ターゲットを絞らないことが大事です。同じ人ばかり話しかけるのではなく、毎週別の人に声をかけてみて下さい。

中には気の合う人が絶対にいるはずです。

 

大学で友達を作る裏技は、「講義の時間を使って知らない人にも気軽に話しかける!」こんな感じです。

 

大学で友達の作り方がわからない人へ。

f:id:yoshidashuan:20170626180130j:image

大学で友達の作り方がわからない人に言いたいことがあります。

 

友達を作ることを難しく考えないで下さい。

やることは気の合う人を見つけるだけ。

合わなければ軽く話すのみでもいいですし、合う人がいればちょくちょくコンタクトを増やしていくこと、ある程度仲良くなったタイミングや同じ価値観のモノを発見した時は一緒に遊びに行けばもう友達です。

 

まぁそんなことを言ってるぼくは、友達とはなんなのかがよくわからなくなってるのですが…笑

 

今回の3ステップは、漫画「3月のライオン」を参考にしたものです。

最近、棋士の藤井四段がメディアで騒がれていますが、こちらも同じ学生の棋士を主人公とした漫画なので、興味のある人はぜひ!

 

合わせて読みたい

友達がいないひとりぼっちの大学生に読んで欲しい漫画「聲の形」

では、アディオス!!