治験は安全?危険?いくら稼げるの?|高額バイトで28万円稼いだ体験談!

f:id:yoshidashuan:20170623124614j:image

こんにちは、ショーンです。

今回は稼げる治験バイトについての詳細レポを書いていきたいと思います。

 

ぼくは今までに2回の治験バイトを経験しました。留学前のお金が必要な時期や、クレジットカードのショッピング枠がたまりすぎた時など、治験バイトは大きくお金が必要になる場合にすごく有効です。

 

ぼくは留学前に2回治験をしましたが、そのどちらも安全で、しかも稼ぎのいいバイトでした。数日間でがっつり稼げるので、お金に困っている人は少し読んでみてください。 

 

治験とは

治験とはいったいなんなのでしょうか?

 

治験(ちけん)とは、医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して、医薬品医療機器等法上の承認を得るために行われる臨床試験のことである。元々は、「治療の臨床試験」の略であるという。

参照:wikipdedia-治験

 

まぁ簡単にいうと新薬が薬として使えるかどうかの人体実験です。人体実験なんて言っちゃうと、安全なのか?危険はないのか?なんて疑問が湧いてくるかもしれませんが、大丈夫!!

あとでその辺は体験談を元に解説します!

 

今のところは、治験とは入院して安全に対して万全の体制のもとで行われる新薬の人体実験とでも覚えておいてください。

 

治験バイトはいくらぐらい稼げるの?

f:id:yoshidashuan:20170625184425j:image

治験の種類によっても額は変わってくるのですが、おおよそ稼げる額1泊につき1万円〜2万円ほどです。

ぼくの場合は、1回目は1週間+1日で15万円。2回目は12泊13日で28万円稼ぎました。基本的に1日2万円以上稼げる案件に登録しています。

 

普通のバイトと比べて、何かを労働するなんてことは無いので、すごく割りのいいバイトだと言えますね。

普通は8時間働いて1万円もらえればいい方、逆に治験は24時間ぼーっとしてて2万円もらえるバイト、ばりばり働いたり、何かしんどいことをするのが苦手な人にはおすすめです。

治験のお申し込みはコチラ  

治験は安全?それとも危険?

さっきも言いましたが、治験は安全なバイトです。どうしても実験的な意味合いが強くなってしまう関係で、危険なバイトではないか?と懸念する声も上がるのですが、決してそんなことはありません。

 

事前にマウスやサルなどで動物実験を繰り返し行い、毒性が人間にとってないかどうかを見極めます。

またその後すぐに一般人が治験を受けるわけではないです。いちばん初めに新薬を投与されるのは、その薬がどうしても必要な人。つまり、何か体に問題があり薬の開発を待つ人たちです。

 

その次は海外で治験が行われます。

日本で行われる治験の多くは、海外で何度か安全性を試されているもの。

そして、日本人にも薬が適応するのか調べるために行われます。しかし、その薬はすでに何度か動物や人間によって試された後のものが多く、安全だと言えるでしょう。

 

これは日本のお国柄です。

日本は新しい物を取り入れたり、チャレンジをする事に対して消極的、今までやってきたものと同じ方法を好む国なので、今までに行われたことのないような危険度の高い治験はほとんど行いません。

 

また、危険な治験を行い事故が起きてしまうとお医者さんは訴えられますし、治験の許可を出した厚生労働省の役人のクビが飛びます。

両者とも、自分に降りかかってくる火の粉を最小限に抑えるために、まだそれほど試されてない危険度の高い薬を使った治験は行われません。

ここを踏まえると、日本で治験として扱われている薬は、それほど危険度が高くない極めて安全なものを使用していると言えます。

 

病院だから万が一があっても安全

治験は病院に入院した状態で行われます。

よって万が一何かあったとしても、すぐに対応が取れる状態となっています。

 

また毎日採血をして、治験者の安全を確認していますし、検尿やお医者さんによる検診もあるので安心。

とくに採血は多い時だと1日5回〜6回行われて逐一チェックされます。(注射針ぜんぜん痛くないやつ!)

 

病院ならではの安全確認を徹底してありますので、万が一にも危険はないと言えるでしょう。

 

治験バイトのメリット

f:id:yoshidashuan:20170623130753p:image

衣食住に困らない

治験バイトは衣食住に全く困りません。

基本的に入院施設にはすべてが揃ってます。

 

毎日3食の飯はでますし、 着替えの提供やシャワー、洗濯機、など基本的に生活に必要なものは全て準備されているといえるでしょう。

服は入院している人がよく着ているあの寒そうなやつ…ではなく、普通にtシャツとジャージです。

 

現在、食うのもままならないという人にはうってつけのバイト。食事や寝る場所も確保してくれて、ずっと寝ているだけでもお金がもらえるので、すごくお得ではないでしょうか。

 

高額の治験費を稼げる

治験といえば高額な治験費を稼げるのも魅力の1つです。案件の多くは1件で10万円を超えるものばかり。

これほど簡単に10万円以上のお金を稼げるバイトは他にないでしょう。

 

治験費が高額なのにはちゃんと理由があります。治験では寝ている間も給料が発生していると考えてもらって構いません。

普通のバイトでは休憩時間に給料は発生しませんが、治験の場合はそこが違います。基本的に治験で入院中はいつでも休憩時間のようなもの。特別何かをするわけでもないからです。

しかし、拘束時間で考えると24時間拘束されているわけですから、実際の労働がほとんど無くてもこれだけ高額な治験費が支払われます。

 

何にしても、自分の時間を作りつつ大金が稼げる仕事には変わりありません。

 

タダで健康診断を受けられる

治験に申し込むと、まず事前検診を受けることとなります。

これ、なんとタダで健康診断してくれる!

病院にワザワザお金を払って確認してもらうような検査をひと通り受けられます。

・エイズの検査

・血液検査

・尿検査

これで人間ドッグに近い健康診断をしてもらえるからありがたい。

交通費も余分に出るので、事前検査だけでも受ける価値があるかもしれません。

 

とにかく楽

治験バイトはとにかく楽です。

あなたが今まで経験したバイトの中で、トップレベルに楽なバイトだと断言します!

 

なんてったって、一日中寝ているだけでお金が発生するのでたまりません。ぼくの場合はひたすら留学前の英語の追い込みとブログを書くことに時間を費やしました。

 

他の参加者の人は、漫画や本を読んでいたり、参加者同士でゲームをしていたり、みな大人ですが人生の夏休みのような日々を過ごしています。

 

とにかく楽なバイトなので、転職前や夏休み、就活終わりなどにお金を稼ぐにはもってこいでしょう。 

楽に稼ぐなら治験がおすすめ  

治験バイトのデメリット

f:id:yoshidashuan:20170623130733p:image

副作用の危険性がある?

薬なので少なからず副作用の危険性はあります。

「治験でお金稼ぎたいけど、副作用とかあるかもしれないし怖いな」と考えて、治験を敬遠している人も多いのではないでしょうか。

ぼくも治験に参加する前は、副作用をすごく心配していました。

 

ただしよく考えて見てください。

薬を使用する訳ですから、普通に市販されてる薬を使ったとしても、副作用で眠くなったり、強い薬だった場合には胃が荒れたりなど色々あります。

抗がん剤の副作用なんてものは最も強い副作用と言えるでしょう。

 

こうして考えてみると、治験だから副作用が出たと言うのもおかしな話。

治験と言うものをどう捉えるかによって副作用の意味合いは変わってきます。危険だという先入観を持って入るから、副作用に対して過剰に反応してしまうのです。

 

また意識しすぎることで、副作用が出る可能性も高くなってしまったりするかもしれません。医師がいて入院している状態ですから、安全だと気楽な気持ちで治験に参加する事で、副作用に過剰に反応することはなくなるでしょう。

 

食事・睡眠制限がある

多くの治験では食事、睡眠など基本的な生活は制限をかけられるでしょう。

出されたものをしっかりと食べなければなりませんし、寝る時間は大方決まっています。

 

ぼくは乱れた生活を送っていたせいもあって、治験のバイト中に規則正しい生活リズムを取り戻せたので好都合でした。

 

また、治験の中には禁煙の案件もあるので、喫煙者の方には少し辛いかもしれません。(タバコを吸う治験もある)逆に、禁煙を考えて強制的に治験を受けるのもいいでしょう。

 

なんにしても、薬がしっかりと効いているのか?変な反応をしていないか?調べるための検査ですので、条件を一律にするための制限は多少あります。

 

とにかく暇

働かなくていいということは、逆に言えばとにかく暇だということです。

治験のバイトは基本的に入院先の施設から出ることを許可されていませんので、ずっと同じ空間で過ごすこととなります。

 

ゲームや漫画が好きな人は、いくらでもやり放題なので問題ありませんが、いつもバリバリ働いている人などには苦痛かもしれません。

 

パソコン、携帯、本、勉強道具など、有り余る時間を潰すことのできる道具を持ち込みましょう。施設によっては、DVDや本、マンガ、ゲームを多く取り揃えているところもあるので、事前検査ではその辺りもチェックしておくべきです。

 

治験を受けてお金を稼ぐまでの流れ

①まずは申し込み

まずは登録フォームからモニター登録をします。

色々と質問がかいてあるので、正確なのはもちろんですが、できるだけ無難に書きましょう。

登録した後にメールに最新の治験の案件が流れてきます。

 

その中から案件を選び、メール内のアンケートにこたえて申し込み完了。

スタッフからの電話での確認で参加が決定します。

電話にでなければ、登録していても参加者には選ばれません。登録後は電話に出る、もしくは折り返し電話をしましょう。

治験モニター登録はコチラ  

②事前検診

電話した際に、事前検診の日程の調整をします。事前検診は入院の前に必ずあるので、募集要項で入院日だけで無く、事前検診の日も空いているのかどうかを確認しておきましょう。

健康診断がわりにもなって、交通費まで出してもらえるので、事前検診はすごく得した気分になります。

③入院

基本的に治験中は入院することになります。

病院は治験によってバラバラですが、比較的に綺麗な病院が多いようです。長期間の治験のことも考えて病院内を清潔に保っているのでしょう。

 

入院してもしんどいことは何もありません。

コンビニ行きたいな〜ってなるくらいです。

④退所

退所時にお給料の1割ほどは手渡しでもらうことができます。

ずっと隔離施設の中で過ごしていたせいか、外に出た時の開放感がたまりません。

⑤事後検診

事後検診がある治験とない治験がありますので、募集要項をしっかりと呼んでください。

個人的には事後検診受けるだけで1万円ほどプラスになるので受けた方がいいと思いますが、退所して数日後にある検査なので、めんどくさいと思われる方は事後検診のない治験を選びましょう。

⑥給料

お給料は治験終了後、10日以内には支払われることがほとんどです。退所時にも1割ほどは手渡しでもらえますので、早急にお金が必要な人も安心です。

治験に参加できる条件 

あくまでぼくが参加した治験の条件です。

正直普通の健康診断と似たような感じ。

 

・20〜45歳の男性

・治験期間は禁煙

・治験前1週間は過度な運動をしない

・治験前一週間は過度な飲酒は禁止

・事前検診にて問題のないこと

・前日からカフェインの摂取禁止

 

主な参加条件はこんな感じでした。

この他にもたくさん治験はあります。中には喫煙を許可している治験もあるそうです。

自分に一番会う治験を選んでみてください。

 

28万円稼いだ治験の体験談

そもそもなんでぼくが治験を受けることとなったのか?

それはシンプルに留学に際して、がっつりお金を稼ぎたいと思ったからです。

 

まず参加して驚いたのが、暇をつぶすために準備されたものの多さです。

もちろんパソコンや携帯電話、本数冊などは持ち込んでいたのですが、病院内にこれほどまでに準備されているとは思いませんでした。

f:id:yoshidashuan:20170624185418j:image

軽く漫画喫茶かってぐらいに漫画揃ってます。

f:id:yoshidashuan:20170624185407j:image

またゲームや、DVDも完備!

もちろんwi-fiも数本飛んでいます。

ぼくは治験の間はブログを書くことに没頭しました。

 

f:id:yoshidashuan:20170624144758j:image

朝食

f:id:yoshidashuan:20170624144746j:image

昼食

f:id:yoshidashuan:20170624144818j:image

夕食

 

飯も三食きっちり出ます。健康のバランスを考えられたご飯なので、普通に美味しいです。もちろんレンジであっためも可!

 

結果的に12泊して稼いだお金は28万円

20人近くの人たちとの共同生活で、その中でコミュニケーションも自然と取れてくるので、隔離といったイメージはそれほどありませんでした。

 

あと、治験期間が長かったおかげで、近くの映画館に遠足みたいなこともしました。(もちろん映画代はタダ!)

おじさんなど年の離れた人たちと、こうやって生活するのは短期間でしたが楽しかったです。

 

治験ってよくわからないし怖い…こんな風に思っていた自分がバカらしくなります。

治験は稼げる上に楽なバイトなので本当におすすめです。

 

金欠で稼ぎたい人には本当におすすめのバイト!

金欠!今月お金がなくて死にそう…

パソコン買いたいけどまとまったお金がない…

こういう人に治験バイトはおすすめです!

 

まず、治験では入院先の病院に衣食住が全てが準備されているため、お金がなくても死ぬことはありません。

また、退院後は他のバイトと比べてもすぐに入金してもらえるので、稼いだお金を直ぐに使うこともできます。またその単価はとにかく高額なため、まとまったお金が入ってくるでしょう。

 

ぼくも様々な形態のバイトを経験しましたが、治験バイトほど割りのいいバイトはありませんでした。お金にピンチな時はぜひご活用ください!

治験モニター登録はコチラ  

 

各種治験のお申し込み

株式会社パシフィックグローブ

関東、関西、福岡にお住まいの男女に治験を提供している会社です。

ユーザーは20代以上の男女。

 

メタボリックやニキビ等のお悩みをお持ちの方にも、最先端治療を提供。

もちろんお薬はタダで処方しますし、治験協力費も出ます。

まずは無料登録して、どんな案件があるのか確認してみましょう。

パシフィックグローブの治験参加はコチラ  

株式会社インクロム

関西や関東で治験の募集をしている会社です。

ユーザーは40〜65歳の男女を想定しており、40歳未満の方の治験は行なっていません。治験ボランティア募集対象は糖尿病、高血圧、喘息等身近な疾患です。

 

インクロムでは、現在無料検診キャンペーンを開催中。 通常4000円程度の費用がかかる人間ドックレベルの約50項目の臨床検査項目が無料で受けられます。

キャンペーンですので、ぜひお早めにご確認ください。

糖尿病の治験はコチラ  

 

株式会社インクロムでは、別のそうのユーザーにも治験の募集をしています。

ユーザーは20〜49歳の男性を想定しており、そのほかのユーザーへの治験は行なっていません。

募集管理をおこなっているインクロムは治験業界のパイオニア。30年以上の歴史があり治験実施業績多数あり安心です。

 

また治験モニターなので、AGAの最新治療薬を無料で試せるチャンス! 治験は土日&平日夜間の実施されており、普段病院に行けない人でもご参加いただけるようになっています。

男性型脱毛症の新薬治験はコチラ