大学生が英語を基礎から勉強するなんて辞めておけ!大学で英語を効率よく学ぶ方法

f:id:yoshidashuan:20170621121652j:image

こんにちは、ショーンです。

大学生となって暇になった人が言う言葉。

 

「あー暇。基礎から英語でも勉強しようかな。」

これが間違いなく一位です。あとは免許、最近ではプログラミングなんてのも流行っているよう…なんにしても、暇な大学生は英語やプログラミングといったスキルが何やら好きなようです。

まぁなんでもいいのですが、ぼくはこのセリフで一言言いたいことがあります。

 

大学生が英語を基礎から勉強するのってもったいなくない?

大学生が英語を基礎から勉強するべきでない理由

多くの大学生が、受験の頃使っていた参考書や単語帳を引っ張り出してきて大真面目に基礎から英語を勉強します。そして2週間ほどで大半が離脱。1ヶ月続いている学生は周りの友達から奇跡と崇められるでしょう。

 

奇跡の大学生は置いといて、100人中99人は途中で英語を勉強することをやめてしまいます。理由は簡単!基礎からなんて面白くないからです。

 

大学生はすでに中学・高校と基礎からみっちり英語学習をこなしているはず。

今更、大学生が基礎からもう一度なんてやってみてもすぐ飽きてしまうのです。

 

大学生になってまで、基礎から英語を勉強する必要はありません。

むしろ飽きるのが早くなるため、非効率な勉強法だと言えるでしょう。

 

 

基礎からでなければ大学生は英語をどこから勉強すべき?

f:id:yoshidashuan:20170621122249j:image

さて、大学生は英語をどこから勉強をすべきでしょうか?

ある程度英語の勉強をしてきた人は、読書から始めるべきだと思います。また読書であれば難易度も下げることができるので、英語が苦手な人も始められます。

 

英語が苦手な人は絵本からでいいので英語の本を読みましょう。 

なぜぼくが英語を勉強するときに本を読むことを推奨するかと言うと、基礎から英語を勉強することに比べて、本を読むことは飽きる事がないから。また、英語をみた後に内容をイメージするので日本語が介在しにくいといった理由もあります。

 

大学生活ってたくさん本を読みますよね。

ぼくもこれまで大学で200冊近い本を読んできました。理想を言うと英語で書かれた本を100冊は読みたいところです。

大学生のうちに100冊読めば、着実に英語の力がつくことでしょう。毎回毎回基礎からやり直して、同じようなところで諦めるよりも、違う本をたくさん読むことで自分にあったレベル感で英語は勉強すべきです。

 

 

そもそもあなたは英語が必要か?

ここにきてこんなことを言うと本末転倒なのですが、あなたは英語を勉強する必要があるのでしょうか?

 

今後、留学をする予定のある人は必ず英語を勉強するべきです。

就職先で海外派遣のある会社を考えている人も英語が必要になってくるでしょう。

 

しかし、日本に住むその他多くの人に英語が必要かどうかは少し疑問です。

正直、日本で生活するだけであれば英語は必要ありません。必要ないのに一応勉強しておこうといった中途半端な気持ちで勉強しても、英語力はそれほどつかないでしょう。

 

それを体現しているのが、何度も基礎から英語を勉強する大学生です。

自分にとって英語は必要なのか?大学でみんなやっているからと、流されているだけではないのだろうか?

こういった疑問を持つことは重要です。

自分が大学生になっても英語を勉強する理由があるかどうか、深く考えてみてください。

 

 

基礎からが好きな大学生はもっと新しいものに目を向けろ!

f:id:yoshidashuan:20170621122436j:image

話は理解できるけど、どーしても基礎からやりたいって人もいるでしょう。

そんな人に限って、ありきたりなスキルを基礎から積み上げようとするのです。基礎から積み上げたいのであれば、英語を勉強する必要はありません。

せっかく大学生になったのだから、もっと新しいものに目を向けてみましょう。

 

真新しいものこそ、基礎から勉強するに値します。英語はある程度基礎の力はついているはずです。そして何度も基礎を繰り返したところで何か力がつくわけでもありません。

だったら何も勉強したことのないものに手を出した方が、基礎から勉強する意味があると言えるのではないでしょうか。

 

 

大学で英語を効率よく学ぶ方法

本を読むことで英語を勉強することは、その大学生の英語レベルにあったものを選べる、また英語に飽きないという点で優れた勉強法です。

 

ただし、効率的かと尋ねられると微妙なところ。一番効率的に英語の勉強ができるのはどんな方法でしょうか?

ぼくが実践した中で一番いいと思った方法は、やはり大学にいる留学生を捕まえて会話する方法です。

 

この方法は、どんな方法よりも手っ取り早く英語を鍛える事ができるでしょう。英会話だけでなく、相手の国の文化や彼らの価値観を知る事ができるという意味でも効率的。

もちろん正確な英語を学びたい方は、オンライン英会話や英会話教室、また教材で勉強するべきです。

 

あくまで、暇な大学生がちょろっと英語を話せるようになりたいというのであれば、英語は基礎からみっちりやるより、英語で書かれた本をよんだり、留学生を捕まえてペラペラ話しをしていた方が効率的に英語を身に付ける事ができるでしょう。

 

 では、アディオス!! 

合わせて読みたい

オンライン英会話比較|料金・特徴などおすすめ23社を徹底比較した!