ぼくが大学サークルに入らない理由|サークルは就活に全く関係ないと断言する!

f:id:yoshidashuan:20170621195526j:image

こんにちは、ショーンです。

ぼくは現在、大学サークルに入っていません。そもそも大学を休学中なので、サークルなんて入らないです。

そして、個人的に大学サークルには入らないでもいいと考えています。

 

そんなことをいうと、就活が心配…

こんな声も聞こえてきそうですが、大学サークルと就活の関係は全くもってないと断言します。とにかく大学サークルは時間の無駄だ!大学でサークルなんて入らなくてもいい!この様に思っている理由を今回は書いていこうと思います。

ぼくが大学サークルに入らない理由

 ぼくはサークルに入らない理由は3つあります。

①大学サークルは時間がもったいない

②大学サークルではお金が稼げない

③大学サークルに入ると自由になれない

 

こんな三重苦…なんのために大学に来ているのかわからなくなります。

ぼくが大学にいる理由は、社会に出るまでの時間稼ぎ。今の実力では理想の状態で社会に出る事ができないと思い2年間休学しています。

大学サークルなどをやって油を売ってる暇はありません。

 

①大学サークルは時間がもったいない

大学サークルは圧倒的に時間の無駄です。

ぼくは基本的に飲み会より、ゆっくり飲むほうが好きです。また、軽い友達関係はあまり好きではありません。

 

これらを前提とすると、大学サークルに所属している時間をぼくがもったいないと言っているのがわかってもらえるでしょうか?

大学サークルでの活動はどこか軽い様に感じます。また独自のルールで後輩を理不尽に縛ったりすることはぼくにとっては最悪です。どーでもいい軽いノリや、理不尽なルールにわざわざ付き合わされるために時間を使うのは馬鹿らしいと言えるでしょう。

ぼくは先輩や友達とのじゃれあいに貴重な大学の時間を使いたくありません。

 

②大学サークルではお金が稼げない

大学サークルでは基本的にお金を稼ぐことができません。大学生活ではお金が必要になることがたくさんあります。

とくに消費の激しい消費をする人、自分に投資をしている人は、無駄に時間を消費している暇はないでしょう。

 

みんなが大学サークルに使っている時間を、バイトのような非効率なものに時間を使うのも良いですが、ブログやFXなど自分が今後社会に出てからも副業となる様なことをやるのも悪くないかもしれません。結果的に大学を出た後の将来に大きな影響が出てきます。

大学サークルなんかに入らずに、若いうちからさっさとお金を稼ぎましょう。

 

③大学サークルに入ると自由になれない

時間的、金銭的な自由に加えて、精神的、肉体的にまで自由を制限されるのが大学サークルというものです。

それでも楽しいと思える人は一向に構いません。しかし、ぼくは制限のきつい場所に所属することが得意ではないので、自分の自由を制限されたと強く感じる大学サークルに入ることは難しいです。

 

大学サークルに入ることは、自分が思っているよりも自分の自由を制限することとなるでしょう。それを多くの人は、「楽しいからいいじゃん」「先輩がいい人だから」なんて単純な理由で受け入れようとします。

 

大学サークルに入る?入らない?は個人の自由ですが、その制限に気づかずに入る選択をするのは大きな過ちではないでしょうか?

 

 

みんなが大学でサークルに入るべきだと思っている理由 

大学生が、大学に入ってサークルに入る理由をざっとあげてみました。

・サークル入らないと友達できないじゃん

・サークル入らないと恋愛できないっしょ 

・就活に有利そうだからサークル入るべき

・先輩と仲良くできる場所がサークル

・サークル入らないと大学生活リア充できない

・サークルに入らないと飲み会がない

 

こんなもんですかね…

正直めっちゃくだらないと思います。

ほとんどが根拠ない理由ばかりです。

 

サークルに入らないと友達ができない

 

大学生の交友関係は課外活動で形成されていきます。つまり、サークルに入らないと友人の数があまり増えません。

もちろん、あなたがイケメン・美女なら勝手に自称友人は増えていきますが、一般人の場合だと中々友人ができません。授業で絡むことも少ないですし、本当に友人ができる機会がないのです。友人が少ないと大学に行っても1日誰とも会話しないで帰宅するとか普通にあります。お昼ご飯の時とかも本当につらいです。

引用:https://xn--pss25cp55b.biz/circle

 

サークルに入らないと恋愛ができない

 

大学内で彼女・彼氏を作る機会は多くありません。異性の学生たちと一緒に遊びに行くにも、ある程度の親密度が無ければ、誘いに乗ってくれる確率は低いでしょう。他学生との接点が重要になります。

そして、サークルは、気になる異性との接点を増やす絶好の学内コミュニティなのです。

引用:http://gate-world.com/club-hairanai-koukai-9593

 

サークルに入れば就活に有利

 

遊び系のサークルの話は就活で評価されることはあまりありませんが、「代表としてサークルを引っ張った」などのリーダーシップを証明できる話は、評価ポイントのひとつになります。

また、ESSやボランティア、専門的な研究が必要なサークルなどは、大きく評価される可能性が高いでしょう。

しかし、どんなサークルであっても入ってさえいれば、大学生活の中で就活面接で特に話せるような経験がなかった場合でも、とりあえずサークルの話をすることが出来ます。

引用:http://gate-world.com/club-hairanai-koukai-9593

 

サークルに入らないと飲み会がない

 

大学生といえば飲み会ですよね。飲み会は楽しいですし、男女とも仲良くなる絶好の機会です。しかし、サークルに入らないとビックリするくらいこの飲み会というイベントは発生しません。

大学では高校のようなクラスというのはあまりありません。無いことは無いですが、高校ほどのつながりを感じるものではありません。つまり、大学生の交友関係がどのように形成されるかというと、サークルなどの課外活動がメインなのです。

引用:https://xn--pss25cp55b.biz/circle

 

こんなの全部迷信だから…

f:id:yoshidashuan:20170621194919j:image

ぼくはこれらの理由を迷信としか思っていません。なぜならこれらの理由は、別に大学サークルに入らない場合も達成されるからです。

 

大学サークルに入らなければ…なんて言っている人は、自分の力で大学生活を充実したものにする自信がないだけではないでしょうか?

 

コミュ力ある人であれば、彼女・彼氏も、友達できますし、先輩たちからも気に入られるはずです!サークルに入って勘違いしたとしても、コミュ力が上がるわけではありません。

そういう人は社会に出てから淘汰されます。

 

また、就活に関しても早くからインターンをやっている人の方が有利ですし、飲み会なんてワイワイ騒いでキチガイみたいにやるのが良いと思えるのは大学生活の前半まで…後半になると絶対もちません。友達とゆっくり飲む方が楽しくなるので、サークルの飲み会に出なくなっていくでしょう。

 

このように上に書いた全ての理由は、大学サークルに入らなくても達成できるのです。

大学に入ったら必ず大学サークルに入らないとマズイ…なんて迷信でしかありません。

 

 

大学生活を充実させるためにサークルには入るな! 

グループでワイワイやるために大学に入ったのであれば、ぼくも大学サークルに入ることをオススメします。

ただ、大学生活は社会に出る前最後の4年間。この時間は本当に貴重ではないでしょうか。「人生最後の夏休み」なんて勘違いしてる人もいますが、ぼくはこの4年間を「人生最初の修験道」だと思っています。

 

この期間に遊び呆けて自分を磨けない者は、社会人になった時に必ず困ることになるでしょう。大学の意味を履き違えると、将来痛い目にあいます。

 

もしあなたが大学生活を本当に充実させたいのであれば、大学サークルには入らない方がいい!
これは極論ですが、あなたの大学生活、そしてこの先の人生を考えた時に最良の選択となるでしょう。

 

ではこの辺で、アディオス!!