日本のサラリーマン・日本のホームレス・アメリカのホームレス|誰がいちばん幸せなのか考えてみる。

f:id:yoshidashuan:20170416204908j:image

(引用:http://fundo.jp/7213

こんにちは、ショーンです。

ぼくは去年アメリカ留学に行ってました。留学といっても3ヶ月の短期間だったので、英語喋ってみてと言われていつも戸惑います。

あれって会話やからなんとか喋れてるけど、いきなりスピーチしろって言われてもむりだからね。しゃべって欲しけりゃお前が話しかけてこいと…

 

おっと、話が逸れてしまいました。

今回は日本の社畜サラリーマンと、日本・アメリカのホームレスの中で、誰がいちばん幸せなのかを考えてみたいと思います。

 

幸せの基準をどこに設定するの?

f:id:yoshidashuan:20170416205023j:image

幸せの基準をどこ設定すれば、彼らを平等に比較できるのでしょうか?

我々が幸せは何かと考える時に1番に思い浮かぶことはお金です。

 

そうだろお前ら( ´ ▽ ` )ノ

偽善ぶるのだけはやめろよ!!笑

 

でも本当にお金は幸せの基準になるでしょうか?お金で幸せを買えません。しかもお金を基準にすれば日本のサラリーマンが圧勝間違いなしですね。これでは比較する意味がなくなります。

 

では何を基準にすればいいのか?

うーん、なかなか難しいですな…

こんな時は哲学者の言葉を借りるべきです。

 

幸福の秘訣とは、さらに求めることではなく、より少ないもので満足する能力を開発することにある。

-ソクラテス-

 

 

人類における最大の幸運は私たちの手の届くところにある。賢い人は自分にないものを欲しがるのではなく、自分の持っているものに満足している。それが何であれ。

-セネカ-

 

 

私は欲望を満足させるのではなく、制限することで幸せを求めると言う方法を学んだ。

-J.S.ミル-

 

 

あなたが落ち込んでいるとしたらあなたは過去に生きている。あなたが不安に包まれているとしたらあなたは未来に生きている。あなたが平穏ならあなたは今に生きている。

-老子-

 

 

幸福はまるで蝶のようだ。

無理に追いかければ遠くに去り、気持ちを変え他へと没頭していると、いつの間にか肩の上にとまっている。

-ソロー-

 

彼らの言葉をまとめると、幸せな人とは欲がなく心が平穏な人ということになります。

やはりお金は幸せの基準とはかけ離れたもののようですね…

 

 

日本のサラリーマンと日本のホームレスとアメリカのホームレスでは誰が幸せなの?

f:id:yoshidashuan:20170416205124j:image

日本のサラリーマンって?

日本のサラリーマンってどんな人たちでしょうか?彼らは会社という日本社会の檻に閉じ込められた悲しき人々。

自分の人生の目的を達成するために仕事をしている人も中にはいますが、ほとんどの人は仕事=お金になっているのが現状です。

要するに人生で使う多くの時間をお金のために生きているのです。

 

また心も平穏な人は少ないでしょう。常に仕事に追われていて、サービス残業もこなす日々。毎日がバタバタしていて過去も未来もごちゃ混ぜのような生き方をしているといえます。

 

 

日本のホームレスって? 

彼らは基本的に不況のあおりをくらってリストラされた人がほとんどです。ぼくは以前大阪で彼らの1人とお話ししたことがあるのですが、お金に対する価値観がぼくらと違いました。

 

欲でお金が欲しいと言うよりは、最低限の生活をするためのお金が欲しいといった感じです。毎日2000円ほどで生活している彼らからは、普通の生活を望む以外の欲を感じられませんでした。

 

また、俗世を離れたような境地に達することはないにしても、彼らと話しているとどこか抜けているように感じます。ぼくらからしてみれば、おっさん大丈夫かよ?と思うのですが、それでなんとか成り立っている彼らは意外と幸せなのでしょう。

もしかしたらぼくらは幸せの基準を勘違いしているのかもしれません。

 

 

アメリカのホームレスってどんな人たち?

アメリカのホームレス…日本に住んでいると馴染みのない人たちですが、アメリカに行けばそこらじゅうにホームレスの人がいます。しかも国民性なのか、スーパー積極的なホームレスが多くいました。

 

日本のホームレスの人たちは話かけてきたりしませんが、アメリカのホームレスは積極的に話しかけてきます。

ぼくが道に迷ってGoogleマップを開いていると、後ろからいきなり声をかけられ道を教えてくれました。親切だなと思ったのもつかの間、教えたから1ドルよこせ…いやいや、めっちゃ自己中だろ!

 

しぶしぶお金渡しましたけど、次の日からはどんな奴から話しかけられても無視できるようにイヤホン装備して街を歩くはめになりました。

 

タバコ吸っててもねだってくるし、よくわからないCDとか売りつけてくるし、自分の欲のためならなんでもするといった感じです。 

ただ、心が病んでいる感じはしませんでした。むしろスーパーポジティブで、自分のやっていることに納得感さえ持っているようでした。まさに今に生きていると言った感じです。

 

結局誰がいちばん幸せなの?

結論から言えば、ぼくが個人的に幸せだとおもう順番は、日本のホームレス>アメリカのホームレス>日本のサラリーマン

 

偉人たちの声に耳を傾けると、サラリーマンよりホームレスの方が幸せだったよ!笑

 

日本のサラリーマンはお金のために心すり減らして働いている人が多すぎなのです。

もちろん正しくは家族のためになのかもしれませんが…家族のためであれば子供と遊ぶ時間取れなかったり、パートナーとデート行く時間が取れないのはおかしいです。

結局、サラリーマンはお金のために働いているのだと言えます。

 

 

幸せはお金や役職じゃ決まらないのだ!

f:id:yoshidashuan:20170416204732j:image

だらだら述べてきたけど、幸せはお金や役職じゃ決まらないのです!これが言いたかったのだ(`・ω・´)笑

 

正直サラリーマンよりホームレスの方が幸せなんて極論ですよ( ´ ▽ ` )ノ

でも偉人、しかも哲学者の言っている幸せの定義に当てはめるとぼくにはそのようにうつります。

 

自分はホームレスより幸せだなんて買い被っている人いませんか?確かに彼らは生活には苦しんでいます…お金も持ってません。

でも自分の人生を受け入れて、日々生きてることを実感しながら生活しているからこそ幸せと言う基準の中では多くのサラリーマンにもホームレスの方々は勝るのではないでしょうか。

 

もっと幸せを噛み締めて生きろよ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

アディオス!!