最低賃金を1500円に…時給を上げるより、生活の質を格段に上げるために働き方や住む場所を変えろ!

f:id:yoshidashuan:20170415212915j:image

こんにちは、ショーンです。

新宿で最低賃金を時給1500円に上げろ!というデモをやってました。

このデモは名古屋、新宿、埼玉、松本、京都など全国で行われているようです。

 

最低賃金あげろー!!

君の言ってることわかるけど、正直いってこのデモ本当に無駄と思うばい( ´ ▽ ` )ノ

 

Twitter上でも盛んに議論されていたこのデモですが、ぼくは賃金を1500円に上げろという意見には反対です。色々と言いたいことはあるのですが、デモで叫ばれている内容や彼らのツイートをみる限り何も具体的な意見はないと感じました。

叫ぶだけなら猿でもできますし、本当に日本の貧困を変えたいのならもっと戦略的な方法と具体的な解決策を準備してほしいものです。

ただ賃金上げろという人は経済の本質がわかってない

f:id:yoshidashuan:20170415213255j:image

まず賃金が上がるということは同時に物価が上がります。

なぜなら物価は需要と供給によって決まるから。収入が上がり、人々がものを多く買うようになればものの価値は必然的に上がります。

結局、最低賃金が上がっても物価が上がれば同じこと、むしろ普通に働いている人たちの給料は上がらないので日本の経済は停滞する恐れもあります。

 

また、賃金を上げたのに経済が停滞したとなれば会社はリストラを考えるでしょう。そうなればますます日本経済は停滞し不況へと真っ逆さまです。

最低賃金1500円という極端な意見は、経済の本質を知らない頭おかしい奴らのタワゴトであり、そんなデモに加わるのは時間の無駄としか思えません。

 

 

日本の最低賃金は世界で何番目?

さて実際に日本の最低賃金は世界的にみてどの位置にあるかご存知ですか?

最初に言っておくと、ここでの最低賃金は実質最低賃金であり2014年の消費者価格指標と購買力平価説に基づいて算出されたものです。(OECD加盟国)

 

25位 メキシコ 1ドル(約114円)

24位 チリ 3.4ドル(約388円)
23位 エストニア 3.6ドル(約411円)
22位 スロバキア 3.7ドル(約422円)
21位 チェコ共和国 3.8ドル(約433円)

20位 ハンガリー 4.4ドル(約502円)
19位 ポルトガル 4.8ドル(約548円)
18位 ギリシャ 5.2ドル(約593円)
17位 ポーランド 5.3ドル(約605円)
17位 トルコ 5.3ドル(約605円)
15位 スペイン 5.5ドル(約627円)
14位 イスラエル 5.8ドル(約662円)
13位 韓国 6.1ドル(約695円)
12位 日本 7.3ドル(約832円)
12位 米国 7.3ドル(約832円)

10位 スロベニア 7.5ドル(約855円)
9位 カナダ 8.2ドル(約935円)
8位 英国 9ドル(約1027円)
7位 ニュージーランド 9.6ドル(約1095円)
6位 アイルランド 10.3ドル(約1175円)
5位 オランダ 10.4ドル(約1186円)
4位 ベルギー 10.7ドル(約1221円)
3位 オーストラリア 10.8ドル(約1232円)
2位 フランス 11.5ドル(約1312円)
1位 ルクセンブルク 12.4ドル(約1414円)

引用:世界一「最低賃金」の高い国は? 日本12位、韓国13位

 日本は12位…しかし人口を考えると頷けます。

そう人口1億人を超えている時点で国民全員が高賃金をもらえるのは不可能ではないでしょうか。実際、日本よりもGDPの高いアメリカと最低賃金は一緒のようですし、上位国の人口は日本の3分の2にも満たない国がほとんどです。

現実問題、最低賃金は1000円ぐらいまで限界でしょう。それ以上あげると国のバランスを崩しかねないと思います。

 

 

最低賃金を上げることより、生活の質を上げることが目的なのでは?

f:id:yoshidashuan:20170415213143j:image

デモをしている人たちは生活の質を上げることや貧困を解決することが目的のはずなのに、賃金を上げることだけにその焦点を当てていて視野が狭くなっている人が多いとぼくは感じました。

賃金は生活の質を上げるための一つの目標です。しかし、生活の質を上げるためには他にも様々な要素で改善できることがあるのではないでしょうか。そもそも国に変革を求めるよりも、自分たちが変わると言った考えがないように思えます。

 

地方に移住するれば生活コストが格段に下がる

例えば自分たちが変わる方法のひとつとして考えられることは地方移住です。

ぼく自身地方大学の出身なのでわかるのですが、地方の生活コストは東京や大阪などと比べて格段に安いです。ぼくの住んでいた高知県では最低賃金こそ700円にも満たないですが家賃も3万円ほどで10畳ワンルームを借りることができていました。

 

その他の物価も安いですし、1500円なんていう非現実的な要望を国にぶつけるよりも生活の質を手っ取り早く上げることができます。

 

副業としてインターネットビジネスを始める

どーしても都会に住みたいという人は、インターネットビジネスを始めることをオススメします。今時収入源が1つだけというところに問題があるのではないでしょうか。

ブログアフィリエイトであれば初期投資はそれほどかからずに始められますし、ノウハウを学べば色々なビジネスで成功の道があるはずです。

 

もちろんそう簡単に収益を上げることはできません。

しかし、続けることで1年間もすれば確実に結果は出せます。ブログでも毎日1記事書きながらノウハウを勉強していれば、1年で月5万円は稼げるようになるでしょう。

ただ、何もせずに国に助けを求めているよりもよっぽどいいはずです。

 

 

デモで叫ぶ暇があったら自分を変えろ!

f:id:yoshidashuan:20170415213017j:image

そもそも日本人は国に頼りすぎなんですよ!そんな暇があったら主体的に自分の環境や生活を変えることをしたらどうでしょうか?

なんの努力もせずに時給ばかりを上げろというのはおかしな話です。

 

人件費とは売上の30%なのです。1500円もらいたければ1時間に5000円は売り上げあげてください。実際に能力に高い人、会社に利益を出している人はそれ相応の賃金をもらっています。

いや、俺もらってないけど…こう言った人は会社と交渉してないのでは?

ちゃんと交渉してもあげてもらえなければ、評価してもらえる会社に転職することも考えるべきです。中国人は時給100円上げるために会社を転職するそうですよ。

国を変えることは難しいですが、自分の置かれた環境を変えることはできます。むしろ日本人はその努力を怠っているのです。本当にもったいない…

 

国にどうにかしろと文句言うのは自由ですが、何も生産性のない行為と早く気づいて主体的な行動をするべきではないでしょうか。

 

ではこの辺で…

 

 

アディオス!!